6月24日 富士川線の更に続き旅

一晩貨物撮影上がりの24日
1日たっぷり時間をとったこの日は、いよいよ富士川線の残りの区間に挑んでいきます。
天気は・・・、雨は降らなさそうですが、まあまあです。

おおよそ2時間程度歩いて、目的の場所に到達しました。

富士川線23号
前回の終了地点から、こちら側へのアプローチ道路が一切なく、
こうやってはるばる大迂回した格好で進んできたわけです。
前回27号まで到達していたので、この鉄塔が26号ならよかったのですが
23号・・・。
残り3基、山の向こうの鉄塔はどうやってみたらよいのか・・・。
まずは、近くにあった道を進んでいきました
が、「農道につき関係者以外立ち入り禁止」・・・。
よりによって関係「者」ですから、これは歩行者も対象でしょう。
今度は別の林道から狙ってみます。

富士川線26号
途中で鎖がかけている場所がありましたが、その手前で何とか
番号を確認できました。
富士川線も意外とハードコースです。

富士川線21号
林道アタックを終えた後は、歩いてきた国道を戻る格好でしばらく進みます。
曇りのはずが、天気は好転し、この日はずっと晴れていました。

富士川線17号
やがて国道を離れた富士川線は山の中に消えていきます。
管理人も林道を地図で確認し、上っていきます。
すると、麓からも見えていましたが、おかしな鉄塔を発見。

富士川線16号
なんででしょう。
駿河変電所からず~っと2回線だった富士川線がここでいきなり
4回線になります。
しかも、若番側から来た電線がここで2回線に集約されています。
富士川線が増強途中の鉄塔であることはなんとなくネット情報で知っていましたが、
下段に入るということは、まさか片方の回線が66kV!?

アジサイ
林道の途中に紫陽花が咲いていました。
そうですね。
一応6月です。

海の見える景色
かなり山奥な感じがしますが、海が近いのでこんな風景も見えます。
これなら午後の早い時間でコンプリートできますでしょうか・・・。

富士川線15号
林道を歩いて歩いて、たどり着いた鉄塔を見て、納得しました。
どう見ても上の腕金は275kV級です。
つまり、富士川線は、当初は275kV線として開通させる計画があったと思われます。
しかし、ここまでたどってきた鉄塔は全部(おそらく)154kV。
275kV昇圧の夢はあきらめているのでしょうか。
ここから若番側の鉄塔を目指すために麓に直接降りられるのかと思いきや、
林道は行き止まりみたいで、来た道をまた引き返すことになりました。

富士川線14号
しかも14号は15号付近からぱっとは見えない位置にあり、
脇に分岐した道の先で見られました。
ちなみにこの道の終点には大きな猿捕獲用檻が・・・。

そして、麓に降りて、
国道をまた戻り、途中の県道を曲がって
アプローチ。
また地味に長い道のりでした。

富士川線14号
先程まで見下ろしていた鉄塔を今度は、はるか見上げています。
この先、興津川を渡った先で分岐していた細道に入って進みます。
地図上で見ると、ほぼ一本道で迷うことはないですが、
やはり長いです!
山道で結構カーブも多かったです。
またまた1時間ぐらいかかりました。

富士川線8号
そして、やっと若番の鉄塔にアプローチできる道を発見
・・・「農道につき関係者以外立ち入り禁止」・・・。
車だけを規制するならまだしも、歩行者も対象って、
よっぽど進入されたくないのでしょうか。
とにかく、趣味で立ち入り禁止区域に入るわけにはいかないので、
林道から見える場所を探して撮りつつ、
鉄塔にアプローチできそうな道を発見します。
すると、だいぶ南側に歩いたところで、上に登れる道を発見。
しかも今度は立ち入り禁止看板がありません!
どんどん進んでも表示がありません!
茶畑を抜けていったので、正直怪しいかもしれませんが、
他に撮れる場所もなさそうなので進みます。

富士川線10号
そして無事に、見えていなかった鉄塔をクリア。

富士川線7号
275kV級の富士川線は、それはそれは凛々しく見えます。
果たして、老番側の鉄塔を改造して275kV運転となる日は来るのでしょうか・・・。

富士川線2号
茶畑の道からさらに南側を俯瞰できる場所もありました。
そして、いよいよ終点の変電所付近まで見えました。
と言う訳で、来た道を下りて、いよいよ向かいます。

変電所が見えてきたところで、上る道があったので、
上って、変電所の正門に向かいます。

そして
東清水変電所
お疲れさまでした。
東清水変電所到着です!
日帰り鉄塔撮影でとうとう中部電力の変電所に到達しました。
ここからは送電線も中部電力の物となり、純粋に60Hz区間になります。

富士川線1号
「送電線をたどって中部電力管内へ行こう」プロジェクトが完遂された瞬間です。
中部電力所持なのに周波数変換設備から50Hzノイズ音が響くのが印象的でした。
で、時間がまだちょーっとあったので、続く中部電力の鉄塔をたどって静岡市街地へ
行きたかったのですが、ここでも、「農道につき関係者以外立ち入り禁止」
おかげで線名わからず。

その先の鉄塔
東清水変電所を出た77kV線は特徴的な短型鉄塔となっており、
東海道新幹線と交差する前後で、複雑に分かれていました。
その鉄塔どれもが山の上にあり、これでは撮ってもあんまり意味をなさないです。

と言う訳で、東富士変電所で切りよく終わったことにし、
この日の撮影は終了としました。

沼津・富士エリアの辿りかけの送電線を走破することを目指し、
撮影してきていますが、だんだんとノルマが掃けてきています。
今後の切り良いコンプリートを夢見つつ、歩いて興津駅に戻りました。

6月24日 一晩貨物撮影

24日も行きました。
一晩撮影。
今回は興津駅付近の踏切でチャレンジしました。
2017-06-24 東海道線深夜貨物@興津
周辺の光量がある程度あったため、沼津の時みたいに
上り列車が真っ暗で、ほぼ全没になるという悲劇も避けられました(笑)
ジョイント音もいい感じに響いていたので、いつか
画質・音質の良いビデオカメラなんかを持って、また来てみたいと思いました。

・・・そんなカメラ手に入れる前にまた来そうですが(笑)

6月13日 愛知環状鉄道がやってきました

横浜の模型店に行った時です。
今回も面白い車両を発見しました。

愛知環状鉄道100・200系
この、あたかも関東鉄道の新型ディーゼルカーみたいに見えるこの車両は、
愛知環状鉄道100・200系と言います。
見た目、最近の車両に見えますが、愛知環状鉄道が開業時に用意した車両で、
すでに引退から10年以上たっている、年季の入った電車です。
またまた鉄コレの組み立て済品を4000円切りの安価で手に入れました。

・・・そして

JR以外では初めての中京圏の車両です(笑)


以上、13日のお買い物でした。

6月11日 池上線名物の門型鉄塔は

6月11日に東急池上線の
撮影に出向いたわけですが、鉄塔好きなら
見ておきたいものがあります。

千鳥線5号
それが千鳥線です。
最初の撮影から5年もたち、どうなっているのか気になっていましたが、
この通り健在でした。
おまけに、自分が最初に撮影した年の12月ごろに塗装工事も行われていたようで、
1回塗りでしたが、好ましい状態となっていました。

千鳥線17号
その後のバランス耐張碍子になっている区間も健在でした。
おそらく鉄道上の物では関東最古かもしれない門型鉄塔である
千鳥線の元気な姿をみて、こちらもすがすがしい気持ちになります。

千鳥線32号
雪が谷大塚駅を出た先の四角鉄塔区間

千鳥線39号
洗足変電所手前の4回線門型区間も変わらない姿でそびえていました。

千鳥線12号
最後に、駅のホーム(久が原駅)にそびえる鉄塔を貼っておきます。

これで先行き永劫安泰と決まったわけではないですが、
しばらくの間は貴重な門型鉄塔の姿を拝めそうです。

願わくば、姿かたちを変えることなく、
いつまでも残ることを祈ります・・・。

6月11日 東急池上線記録旅 その2

五反田駅から池上線に乗車します。

池上線車窓
まずは都会的な風景でスタートします。

池上線車窓
大崎広小路駅をすぎると段々、住宅街になってきます。

池上線車窓
そして荏原中延駅などの地下区間です。
メトロなどの地下鉄と同じような立派なトンネルに感心します。

池上線車窓
この画像は長原駅の坂を登っている画像だったりします。

7700系7901編成
途中駅でもホームに降りて、待っている間にやってきた列車を
撮ったりします。

池上線車窓
それにしても草生えすぎな気が・・・。

池上線車窓
丘陵地帯を避けるようにカーブするのも池上線の特徴です。

池上線車窓
雪が谷大塚駅をすぎると、
比較的平坦な住宅地を進んでいきます。

池上線車窓
通りを高架で跨いだりもします。

池上線車窓
あー暗くなってきました。
前面展望を撮りたいのによりによって
進行方向であった蒲田よりの先頭車だけ混んでいるのです・・・。
おそらく蒲田駅の改札が列車の前よりにあるから先頭車が
便利なのでしょうけど。

池上線車窓
最後の区間はほとんど見えない状態でした・・・。

池上線車窓
そして蒲田駅に到着です。
東急の路線としては、初めての路線踏破・駅舎全撮影を成し遂げました。
この調子で関東各地のローカルミニ路線も増やせたらと思います。

ひとまず、蒲田駅からそのままJRに乗って帰りました。

6月11日 東急池上線記録旅 その1

11日、
どこの電車を撮りに行こうか迷っていたのですが、
とりあえずいろいろ考えて、東急池上線の撮影に出かけました。
2013年ごろに一部、撮りに行ったことのある路線ですが、それから
どう変わったのかも気になります。

蒲田駅
まず、蒲田駅でおります。
東急側の駅舎は普通のビルですね・・・。
下の方に入り口がありますが、目立たな過ぎてただのビルにしか見えないです。
ここから線路沿いに進んでいきます。

7700系7906編成
池上線といえば、7000系をVVVF改造した7700系が有名かと思います。
前回の撮影から4年もたっていますが、まだ走っておられました。

池上駅
レトロな感じが残るのも池上線の特徴です。
この池上駅は・・・。
まあまあレトロな感じです。
ここよりも久ヶ原駅や御嶽山駅の方がレトロに見えます。

7700系7914編成
さらに進みますと、途中で7700系の
通称歌舞伎塗装車がやってきました。
今は亡き7600系をほうふつとさせるそのデザインは、もう貴重ですね。

1000系1502編成
そしてこれは4年前にはいなかった、
1000系1500番台です。
とはいっても、東横線を引退した1000系の改造車で、従来車と
区別のためか落ち着いた緑帯となっています。

雪が谷大塚駅
そして雪が谷大塚駅です。
千鳥町付近から洗足池駅付近までは
2012年ごろに送電線撮影でも通りましたが、
周辺の雰囲気は電車以外あまり変化していないように見受けられました。

洗足池駅
お、洗足池駅は結構大型の駅舎ですね。
おそらく大正15年の開業当初からの駅舎だと思いますが、
古い駅舎がいくつか残る池上線の駅の中でも大きい方でしょうね。

この後、線路は長原駅手前で地中に潜ります。
管理人も線路の方向を予想して辿っていましたが、
いつの間にか道に迷ってしまい、かなり遠回りしてたどり着くことになりました・・・。

長原駅
地下化された駅を見ると、3両ローカル路線ながら、
結構利用客数は多いのかなと感じます。
池上線みたいに、全区間市街地通過という好立地にあるローカル線は、
果たして日本全国に何例ぐらいあるのか・・・。

それはさておき、線路の位置も把握したので、
先へ進みます。
そしたらまた線路を外れておりました・・・。

何とかスマホ地図で場所を特定し、
旗の台・荏原中延駅と続きます。

で、有名な戸越銀座へ着きます。

戸越銀座駅
これみてびっくりしました。
駅の塗装がかなり和風になっていました。

7000系7104編成
ホームも木造ながら傾斜を付けた独特の新しいものに変わっていました。
2013年撮影時は、普通の古い屋根だったので、そのギャップがすごいです。

ここから五反田まではあと2区間でしたが、
大崎広小路駅までの区間が地味に長かったです。
そして線路は高架に。

大崎広小路駅
大崎広小路駅も五反田至近の駅ですが、立派な
高架駅舎となっています。
今思うと、なんとなく、京急の高架駅などと似たような雰囲気を感じます。

そして、ちょっと走ってとうとう五反田です。
東急の駅を撮るためにハイデッキの上に
E231系トウ502編成
結構面白いアングルで山手線が撮れました。
E231系が当たり前のように見られるのも後どのくらいでしょう・・・。

五反田駅
池上線の起点の五反田駅もビルでした。
池上線の駅舎コンプリートです!
ここから列車の前面展望を撮っていきます。

続く

6月4日 湯河原-函南 真鶴線峠越えの鉄塔旅

4日
天気が良く、鉄塔日和でしたので、1年以上放置していた真鶴線の続きを
辿ってみました。
本当でしたら前回に続き富士川線に行くところでしたが、
一晩貨物撮影後に鉄塔直行という予定を組もうとしたら他の事情でそれができず、
だったら真鶴線の続きを!ということです。
真鶴線は、根府川付近の2基がまだ撮れていないですが、それは最後にして、
まずは終盤区間の踏破を目指します。

で、湯河原駅から歩いていきます。
50分ほど歩いたところで、真鶴線鉄塔が見える場所につきました。

湯河原-来宮線と真鶴線
湯河原-来宮線と仲良く
・・・ていうかかなり近接して立っています。

湯河原-来宮線14号
しばらくは、周辺に道路があり、
真鶴線に限っては撮影しやすい区間が続きました。
湯河原-来宮線も一応巡視路は確認しましたので・・・。
末端をたどる際に手を付けてみます。

住宅街を離れて山の中を進みますが、真鶴線は比較的
人里側を通っていたので辿りやすいです。
それにしても、熱海市の土砂災害警報(訓練)が
いきなりなってびっくりしたのですが・・・。

真鶴線95号
そして、湯河原-来宮線が深い山越えに入ったかと思えば、
真鶴線も急峻な斜面を登っていく様子が見て撮れました。
しかし、地形図だと周辺山ばかりなので、巡視路はストレートに続いて
大きな迂回はないとの予想です。

と言う訳で、日金山のハイキングコースに入ります。
そして、途中で交差した林道を鉄塔方に進んでいくと、
見事真鶴線と交差したわけです。
ここから真鶴線の巡視路に入って峠越えです。
三つ峠程ではないですが、登坂の連続で足にきます・・・。

真鶴線100号
そして真鶴線はとうとう100基目!
と言っても何かあるわけではないですが、
節目です。

真鶴線101号
101号は、ちょうどJR東海の送電線と交差する箇所で捻架していました。
ここが峠越えのピークで、ここから標高が下がっていく感じです。

真鶴線102号
低い藪が広がる、高原らしい風景です。
が車の音が・・・?

先へ進むと道路があり、車がひっきりなしに通ります。
・・・結構標高が高くて三つ峠みたいな感じを予想していましたが、
意外とお手軽な場所であることが分かりました・・・。

真鶴線続く
ここからは標高がどんどん下がり、
見た感じ奥の市街地方面まで続いていきそうな感じがしました。
実際の所、巡視路も森林地帯を大体ストレートに進んでおり、
しかもやたら東電の案内表示があるので、あまり迷わず進めます。

そして、降りていくと、とうとう人里まで到達しました。

真鶴線107号
つかの間ですが、平地を通ります。
時刻は13時を回るところです。
これは踏破できそうな・・・。

真鶴線108号
真鶴線は再び山の中に入っていきました。
しかし、思いがけず鉄塔付近で山の上に登る道を発見したので、
これまた迷わずに進めました。
余談ですが、田んぼの中をまっすぐ進む道路を見て、
田舎を思い出しました・・・。

真鶴線110号
コースは迷わないですが、
この付近はゴルフ場の敷地を通っていたりもします。
そうなってくると新鶴見-大船線みたいに撮影に困ることも予想されましたが、
こちらはそんなこともなく、欠番なしで進めました。

真鶴線111号
そして、この区間は鉄塔が何気に昭和60年代の鉄塔になっていました。
ゴルフ場建設でルート移設でもしたのでしょうか。
途中には分岐していない分岐鉄塔やイノシシ捕獲用罠なんかもあったりで
ある種独特の雰囲気でした。
そして、遠くに別の送電線が見えてきて、いよいよ終盤も近くなってきました。

真鶴線113号
ここから3基連続で鉄塔が見えた後、
道路が降りていく格好になってきました。

真鶴線114号
しかし、遠くに見える送電線にたどり着くまでが地味に長く、
公園墓地から入れるかと思ったら、ぐるっと回って普通に住宅街に入ったり
・・・あれ?墓地の入り口の門の意味が・・・。
結局は何かの体験施設に向かう道の終点あたりで巡視路があり、
そこから入って進む格好でした。
その後2基の真鶴線鉄塔を見て
再び道路に出て、さらに進むと別の送電線への巡視路

田方線45号
さほど歩かない場所で、田方線という鉄塔の45号に会いました。
そのそばに真鶴線鉄塔もあり、田方線にも66kV線を分岐させていました。
事前情報通り、次の鉄塔は桑原線という鉄塔で、真鶴線は、
この下段に入っていました。

但し、巡視路は田方線のしかなかったので、真鶴線ラストに行くために
また道路に戻りました。

桑原線11号
結構山の上です。

桑原線12号
そして、真鶴線を引き下げる鉄塔が見えてきました。
とうとう真鶴線も踏破です。

桑原変電所
真鶴線は桑原線とともに桑原開閉所につながっていました。
この2路線しかつながっていないので、規模もそんなに大きくはない感じです。

と言う訳で、根府川付近2基を除いて真鶴線は一応踏破となりました。
まだ周辺は十分明るく、先にも別の送電線が続いていますが、
次の日は普通に出勤日であることも考えて、この日は早めに切り上げ、
帰路につきました。
機会があれば、別の送電線をたどって、ゆくゆくは駿東変電所まで
つなげたいと思います。

~おまけ~
函南駅
函南駅のレトロ駅舎を拝みたいと思ったらこの有様でした・・・。

6月2日3日のお買い物

この期間もお買い物しました。

プラレール2両
2日に購入したのはプラレール2両です。
青い有蓋車も軸受モールドがある家畜車も未所持だったので、
バリエーションが増えました。

Nゲージ関連
3日はNゲージをいくつか購入しました。
このうち、EF58が4000円を下回った金額でお得!と思いましたが、
もともと新品でも5000円を下回るお手軽品だったので、
あまり安くなっていなかったということです。
それでも青いEF58は欲しかったので嬉しいです。
ついでに取り換え用のアーノルドカプラーも安く手に入れられて満足です。
まさかKATOの再販ではなくTOMIXで手に入れられるとは・・・。

以上、3日までのお買い物でした。

ここ最近の動画をUPしました

動画のアップロードだけしてなかなか紹介出来ていませんでしたが、
今回紹介します。

鉄道PV ~おちゃめ機能で踏っ切れた ~ MMD付き
鉄道PV ~踏切おちゃめ機能~ MMD付き
似たような動画ですが、違いはあります。
視聴するとお分かりになるかと思います(笑)
お分かりになる方はタイトルだけでお分かりになるかもしれませんね。

実車風音付きNゲージ ~爆走!103系カナリア10連~
先日購入した103系を早速走らせてみた動画です。
もとにした音声の103系が静かなモーター(内扇)だったので、
動画も全部静かになってしまいました(笑)

迷/名列車で行こう 重箱の隅編 その3 
~ロマンスカー形式内格差と変わる伝統~ (音量修正版)

以前公開した迷列車動画で、「音声が小さい」とのお声を
頂いていたので、音量だけ直したものをUPしました。
これで大丈夫なのでしょうか・・・!?

以上、最近の動画でした。

5月29日 ウレタン加工

箱なしNゲージが増える今日この頃、
いつかは入れ物をと思っていましたら、
先日、103系10連を購入してしまいましたので、
思い切って中のウレタンを加工して10両入るようにしてみました。

その結果がこれです。
ウレタン加工
・・・人によっては目も当てられないようなお粗末加工となりました。
マイクロエースのウレタン固いです。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR