7月24日 18きっぷ鉄塔旅 間々田~宝積寺編 その1

24日、いよいよ猪苗代を目指して、「青春18きっぷ鉄塔の旅」第1弾です。
間々田駅で降りて、まずは154kV小北線を小山まで辿ります。

小北線ずらーり
駅舎からは小北線の鉄塔がずらーりと並んでいました。
本当は駅のトイレからが1番よく見えたのですが、トイレからの撮影はちょっと・・・。

とりあえず駅を出て、小北線に再会。

小北線32号
工場の中の32号からさあ出発。

小北線26号
しばらくは住宅街でしたが、だんだん林も多くなってきました。
この先小山まで、短い支線が3つもありました。

まず、1か所目にたどり着きました。

JRシステム線2号
工事中でどこにも繋がっていない鉄塔、これは2号で、1号は小北線25号の下にありました。

小北線25号
線名が判明。「JRシステム線」です。1号は根元ぴっかぴか。最近できた新しい
分岐線の様です。鉄塔もですが、小北線からの分岐も、間々田線左右2回線の内側に
接続という珍しい分岐のしかたをしています。
この先、一時林を通過し、撮影が難しかったです。

林を迂回し、農道を進むと、間々田線から分岐線。

間々田線24号
24号から、

JR南小山線2号
「JR南小山線」が分岐です。この分岐線も比較的新しかったです。

小北線市街地へ
そして小北線は原っぱを越え、市街地へと入っていきました。

小北線13号
住宅街を進むと、13号から3か所目の分岐線。名前は「南小山線」
この分岐線だけ3基構成で番号は全部1-~。1-1号からさらに分岐線がありましたが、
国際~小山線?プレートの線名がかすれてわからず。

小北線11号
そしていよいよ番号は1ケタ台へ、

小北線4号
終点(正確には起点)付近で66kV三和線と並走、山西線じゃなかった・・・。

そして、

小北線1号
ついに1号です。北東京変電所からの長旅を終え、ついに「小山変電所」到着です。

小山変電所
小山変電所、大きいですが、空いた土地も目立ちました。周りの市街地度は
まだ橋本変電所の方が上かな?

この先も北へ北へ進みます。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR