5月22日 豊岡-新所沢送電線の旅 その1

22日、この日は送電線撮影の続き、豊岡変電所から狭山線を辿ります。
と、言いたいところですが、金子駅近くから豊岡変電所までの道のりは
275kVの豊岡線と並行しています。
まずは豊岡変電所まで豊岡線を撮影しました。

豊岡線7号
お茶畑地帯をほぼ1直線上に進む豊岡線は素敵です。朝もやで遠くが霞んで見えたのも素晴らしかったです。

23号で豊岡線は豊岡変電所へ、
その反対側から狭山線は続いています。

狭山線68号
さあスタートです!

狭山線67号
68号の次は余り腕金が目を引く鉄塔。上3段はどうみても2導体に対応できそうです。
立派な余り腕金です。

狭山線65号
65号で前久保-武蔵境線と交差。前久保-武蔵境線はJR東日本の送電線ですが、65号に
JRのものらしき看板が見当たりません。狭山線が下を通っているのにこの鉄塔は狭山線名義
ということになるのでしょうか?ちなみに、前久保-武蔵境線の隣の鉄塔は建設当初からの鉄塔の様です。

この先、狭山線は住宅街へ入っていきます。

狭山線63号
その先に63号が見えました。この63号、なんだか古めかしい形をしています。
古い鉄塔なのかと思って、回り込んでこの画像の場所からプレートをズーム撮影。
そんな古い年月日でもない?

狭山線61号
その先はとても低いドナウ鉄塔が連続していました。近くに飛行場があるらしく、
その制限でこんな低い形になっているそうです。短い間隔で立っていました。

狭山線は53号で普通の鉄塔に戻りました。

狭山線52号
52号で変電所に分岐、この変電所の名前を知りたかったのですが、
入り口は幹線道路から離れた場所にあり、幹線道路付近にはチェーンが張られていました。
でも立ち入り禁止とは書いていないので、念の為に変電所の名前だけを見てプレート撮影はやめました。
確認しました「武蔵藤沢変電所」。

狭山線49号
その先は、今度は普通の高さで紅白になっている鉄塔が連続します。
これも飛行場の制限によるものでしょう。腕金が細いです。
しばらくこの形の鉄塔が連続しました。

狭山線39号
39号で普通の鉄塔に戻りました。ここまで立派な余り腕金、ドナウと低い紅白と
珍しい形の鉄塔がたくさんありました。狭山線って面白いです。

この先は南狭山変電所まで1直線に続きます。お茶畑区間は遠くからパチリ。
変電所に辿りつくと・・・

連なる狭山線鉄塔
いままで撮影してきた鉄塔が1直線に連なって見えます。迫力ある美しい画像です。
この先の鉄塔もこんな風景に会えるといいなぁ~。

狭山線28号
狭山線を併架する只見幹線475-1号と狭山線28号を撮って、狭山線コンプリート!
この先は南狭山線を辿って新所沢変電所に向かいました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR