5月8日鉄塔撮影 秦浜線

この日は鉄塔日和といってもいい、晴れの天気。
辿るのは、秦浜線の23号寄より若番の区間。

秦浜線23号再び
再会した23号、あいかわらず「秦浜線」という単調な名前をひっさげて、幹線鉄塔の威厳を
発していました。

秦浜線を前に辿ったとき、最初に撮ったのがこの23号です。犬に吠えられながら。

秦浜線21号
この辺りは山を越えてすぐの区間なので、緑がいっぱい残っています。しかし、

第2東名はこの辺りを通る
23号を撮った後に見つけたこの看板、第2東名はこの辺りを通ります。
今後この、のどかな風景はどうなるのでしょうか?
秦浜線18号
秦浜線は山を登ります。接近は困難そうです。そもそも接近しようなんて思いませんでした。

高速は秦浜線の近くを通る
はたして、第2東名ができるころ、この辺りの秦浜線はどうなるのか、移設もされるのでしょうか。
工事で周りが開けていた鉄塔もありました。
でも秦浜線は昭和46年建設なので、
45号の移設よりは良いと思います。
秦浜線42~46号までは、大雪などにより損壊した鉄塔を復旧したものです。

秦浜線14号
ここまで来ると、送電線は道路の近くを通っており撮影は難しくないです。
秦浜線12号
しかし、13号から山に入り、12号はその奥です。
当然山に入る装備なんてしていません。
他に撮影できる場所はあるか?
大山へ続く道を登りました。


でもありませんでした・・・(泣)。
曇っている山
雲に隠れている山々
その代り、このような山らしい風景が撮れました。たまにはこのようなものを撮るのも良いです。

結局12号を撮った場所まで降りてきて、ズームで撮影。

秦浜線11号 近づけない
秦浜線10号 もっと近づけない
秦浜線9号 たぶん一番近づけない
僕のカメラ、その場でトリミングできる機能があります。
この機能はお勧め、僕も結構使います。

秦浜線
起点の変電所まで行く予定でしたが、時間がないのでここまで、
しかしまだちょっと続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR