5月4日 高層部目立つプラレール その2

完成いたしました。
さて、高層部分が目立つレイアウト、その特徴とは?

レイアウト窓側
まず窓側、やはり、らせんと高層部分でレイアウトは高く見えます。

ふすま側
こちら側は高架が目立つも空きスペースのある比較的シンプルにできました。

トミカタウン
トミカタウンは余裕のスペースです。でもトミカタウン用の道路などを置くスペースはまだないです。
その道路は持っていないのですが。

車庫も追加でにぎやかに
高層部分は車庫も入って複雑かつにぎやかにも見えます。
増量したイベント色の橋げたも彩りを増しているかもしれません。

プラロードとプラレール
プラロードは2本の内坂を1本だけ外周寄りに配置して、
プラロードが下へ逃げられるように空間を確保しました。
立体交差はひさびさの使用です。

レイアウトを横から
最後に横から1枚。
やっぱりこの複雑さこそプラレールの大五味です~。
そして、高架線などでプラレールを走らせました。
やっぱり橋げた4つ分の高架線は高く感じました。
動画はこちら
プラレールイベント号高架線を走る
プラレール複線共演2011-5-4
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR