3月19日 新鶴見-大船線鉄塔めぐり その2

晴れ渡る空の下、少年野球のがんばりを見ながらランチタイムを終え
さあ旅の続き!

新鶴見-大船線57号
後半は57号から始まります。スカートの様な腕金を持っているだけでなく、
鉄塔に掲げられた「注意」の看板、年季が入っていてもしかしたら
この鉄塔が建設された当初からあるのでしょうか?

この先で相鉄線を越え、丘を登ります。

新鶴見-大船線55号
55号からは嵩上げされた鉄塔が続いています。まだ番号は50を切っていないので、
先は長そうです。
50号で以前撮った区間の撮り直し完了!この先は新規の撮影区間です。

新鶴見-大船線48号
49号を過ぎると畑を通りました。丘陵地が多い新鶴見-大船線で
これは珍しいです。この48号はどうみても少し嵩上げされていますが、
建設年は昭和29年とありました。まさか嵩上げされたのが昭和29年なんて
言わないですよねぇ・・・。

新鶴見-大船線43号
丘を越え、高速道路を越え、どんどん先へ進みます。
この43号は高速道路のわきにあり、鉄塔の周りだけ道路の盛り土が
四角くよけています。ずーっとこの位置に鉄塔があったのですね。

そしてこの先も嵩上げ?された鉄塔が続きました。
そろそろ番号も40を切ります。と、その先に低い鉄塔
オリジナルの鉄塔?

新鶴見-大船線39号 スイッチ付き
実に面白い鉄塔です。何があるのかと思いきや
変電所で見かける開閉機器のようなものが鉄塔に取り付けられています。

39号の開閉機器
このような鉄塔があるということは、
一部区間だけ送電ストップさせる必要があるということですね。
形がジャミラのままなのも面白いです。

39号越しに連なる鉄塔群
丘に登り39号から老番方面を見てみると、いままで撮ってきた鉄塔が
列をなしていました。こういう光景はいいですねぇ。
さて先へ行こうと思いましたら

新横浜だ・・・
あ!送電線とビル街!新横浜です。この日の最低目標地点に到達しました。
以外に早かったです。もう3時は過ぎていましたけど。
まだ時間はある・・・ということで、子安変電所へ寄り道をしました。なぜかというと、
ブログにも書きましたが横浜火力南線2号鉄塔は撮り忘れていたのです。

横浜火力南線2号
とりあえず横浜火力南線もコンプリート、帰りは地図を見てすばやく戻りました。
この寄り道で45分ぐらいつぶれました(笑)。

そして新鶴見-大船線は横浜火力北線と並走します。
夕暮れも近づいていたので、市街地区間で終わらせることにしました。
とちゅうにはJR横浜線への給電のための分岐があり、
なるほど、だから39号にスイッチを付けて、工事中の時などは
一部区間だけ送電ストップできるようになっていたのですね。

新鶴見-大船線35-1号
並走区間には35-3号(写真は35-1号)。わお、枝番が3つも!
市街地区間はどれも嵩上げされているようです。

新鶴見-大船線29号
川を離れ、横浜火力北線と別れた先で新鶴見-大船線もカーブ、
ビル街はおしまい。29号とビルの近さにしばし見とれました。

そして、今日は早めに新横浜を後にしました。
横浜線は踏切の直前横断でちょっとストップしました。
直前横断は大変危険ですからやめましょう。

以上19日の新鶴見-大船線めぐりでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR