10月31日 京北線を辿りたい旅 その2

新座線線9号まで戻ってきたので、分岐していた「狭山線」を
辿ります。
ところで、狭山線は南狭山変電所には繋がらず、
構内を素通りしていました。これだと、
これまで撮影した送電線区間は僕の地元と繋がっても、
電気回路的に見ると狭山線は新座変電所まで
続いていなので繋がっていないと思いました

現に武蔵野連絡線も送電されていないので、
中沢線と武蔵赤坂線が地元と繋がっていない状態になっています。

しかし、幸い新座線9号からは狭山線とは別の154kV線が
分岐して新座線と一緒に新座変電所まで続いている
ので、
とりあえず狭山線は僕の地元と回路的にも撮影済み区間が繋がりました、たぶん・・・。

というわけで、軽い悩みも無くなったので、狭山線を起点までたどります。

狭山線19号
まず狭山線は19号で新座線から独立します。
なんか新座線9号が大きいので、小さく見えるこの鉄塔が
いま思うとけなげでかわいいと思います。

狭山線18号
18号はそばの道が水浸しで、撮影場所まで辿りつくのが大変でした。
終わってみれば自転車も靴も泥だらけ。
(新座線撮影時に泥だらけになったような・・・)
とりあえず帰りの駅に着くまでに洗う場所を探します。

武蔵野線スタイルの鉄塔発見!
13号まで辿ると武蔵野線スタイルの鉄塔がありました。
旧武蔵野線とこの辺りは雰囲気が似ており、特にこの鉄塔は
武蔵赤坂線32号辺りに似ています。

耐張碍子に改造したらしい
その次の12号は鉄塔は同じ形でしたが、完璧な耐張碍子。
どうやら次の鉄塔が高くなったために改造したようです。
次の鉄塔は川越線(鉄塔)と交差の為に高い鉄塔で、
その鉄塔も武蔵野連絡線の高い鉄塔に似ていました。
狭山線のこの区間はオリジナル鉄塔も建て替えられた鉄塔も
旧武蔵野線に似た鉄塔が多いです。

次が遠い9号
そして9号から先はちょっと大変でした。
周りは畑で近くに道がなかったのでかなり迂回しました。
おかげでなんとか8号に辿りつきました。

架空地線2本の4号
そして4号で架空地線が2本となります。
番号から見て変電所が近いです。
3号、2号は小松川線という送電線に形が似ていました。

1号到着!
そしてとうとう1号まで来ました。
この鉄塔もちょっと低いです。変電所につながる鉄塔は
低い鉄塔が多いです。この鉄塔も周りが住宅街なんですけどねぇ。

狭山線1号プレート
1号へ辿りついたので1号プレートを撮って狭山線は終わり。
南狭山変電所より老番側はいつ辿ることになるやら・・・。

南川越変電所
狭山線の終点の変電所、看板には「川越電力所」とありましたが
正式名称は「南川越変電所」後日わかりました。
南狭山変電所に繋がっていた只見幹線はここにも繋がっていました。

南川越変電所、遠望
とりあえず近くに公園を見つけたので、そこで
自転車を洗いました。結局その後また汚れましたけど・・・
この変電所には「群馬幹線」という送電線も繋がっていました。
ネットの情報によるとこの下3段が京北線です。
いよいよ京北線が辿れる。ちょっと嬉しい気分で
群馬幹線を辿り始めました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

建て替え

11号が改造、12号が建て替えられ、13号は欠番になったようです。
新鉄塔も好きですが、欠番は残念です。

Re: 建て替え

コメントありがとうございます。
小耳にはさんでいた情報でしたが、やはり本当でしたか。
12号・13号の建て替えで、狭山線から武蔵野線旧型スタイルの鉄塔が姿を消したことになります。武蔵野線は分割後も建て替えが進み、安行線2号も低いので、武蔵野線ミニスタイルの鉄塔もいつまで残るか心配になります。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR