10月24日鉄塔旅1 まずは港北線

市ヶ尾線の確認も済ませたので、ここからは送電線の旅です。
まずは港北線を辿って港北変電所に向かいます。
撮っていなかった荏田変電所の電波塔を撮影し、
最初に撮った港北線は
まずは32号から
32号です。
この付近は住宅街で静かでした。
電線からはジリジリ音が、かなりの電気漏れです。4導体なのに・・・

4導体が2導体に、33号
次の33号はかなり低い鉄塔です。
一番下の電線が住宅と接触しそうに思うくらいです。ここで
電線は2導体に、この鉄塔はさらにジリジリジリ・・・。
さらにはげしい電気漏れです。
丘を下ると大きな道路

ここから細い特殊鉄塔、35号
ここから51号までこのような特殊鉄塔が永遠と続きました。
途中、下段の66kV線の終点となっている変電所も
「平台変電所」だとわかり、長い間わからなかった事実もここで解消。

しかし、この特殊鉄塔区間は、鉄塔が立っている分離帯の幅がが広く、
大きな木が植えられているため、鉄塔の撮影には苦労しました。
交差点や街路樹のすきまから撮ったり、または陸橋に上って撮ったり・・・
「道路の上にあるから撮りやすいだろう」とちょっと楽観していましたが
そんなことはありません。
なんとか全て撮ることができ、
52号付近で丘に上ります。

そして開けた土地の向こう側に、

最終鉄塔ではない、55号
55号がそびえていました。
しかしこの鉄塔は最終鉄塔ではないのです。
さんらぁたんさんの情報によれば最終鉄塔は
甲乙に分かれているようで・・・

56-甲で終わり
56-乙で終わり
ありました。最終鉄塔の56号甲乙が、
これで港北線はコンプリートいたしました。パチパチ・・・
しかーし、今回の旅はこれでは終わりません、
港北変電所を少し撮影した後
この先は野川線を辿って北上します。
鉄塔遠征区間をつなげるために・・・
それがどういうことかは次回!

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 送電線鉄塔がジリジリ鳴るのは天気(湿度?)の関係だと思います。大和線をウォークした時に、大和線も交差する秦浜線も、うなっていました。はじめは芝刈り機の音かと思うくらいでした。

Re: No title

たしかに、この日は曇っていたので周りが湿っていたのでしょうか。または送電電力が増えてきてジリジリいっている場合もあるかもしれません。今年の春頃に佐久間東幹線を見に行った際もジリジリがすごかったですよ。湿りによるジリジリなら空気が乾燥するこれからの季節、ジリジリが減るかもしれませんね。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR