10月24日 市ヶ尾線、荏田の真実

24日、僕は江田駅に向かっていました。
そう、港北線を辿るのです。ということになったのは、
送電線・鉄塔ウォーク」のさんらぁたんさんに、
東急プラザ線と荏田線が市ヶ尾線に戻ったという情報
をいただき、それなら確認しに荏田まで行って、この日は港北線と
港北変電所から出ている野川線を辿ろう!と思ったのでした。

まずは田園都市線の車窓から目視で確認。
荏田線の最終鉄塔には確かに「市ヶ尾線」の文字が!
しかも江田駅に降りると、

市ヶ尾線だ!
目の前にプレート!市ヶ尾線です!
確かに、東急プラザ線は市ヶ尾線に戻っていました。

そのほかの証拠写真もどうぞ。

東急プラザ線50号だったが・・・
江田駅近くにある美化鉄塔、まえは東急プラザ線でしたが・・・

市ヶ尾線に!
ごらんのとおり!市ヶ尾線です!

荏田線51号だったが、
続いて港北線の電線直下にあるこの鉄塔、
後ろを田園都市線最古参電車8500系が通ります。

市ヶ尾線じゃ~!
市ヶ尾線ですねぇ。
これで市ヶ尾線は市ヶ尾変電所まで約60基の構成に戻りました。
情報をくださった、さんらぁたんさんに感謝です。
さて、この日はまだ始まったばかり、この先の港北線撮影へと
自転車で走りました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 市ヶ尾線51番鉄塔と、港北線31番鉄塔をつなぎ、荏田変電所で着地する短い送電線だけが「荏田線」にもどったという事ですね。
 「荏田線」のプレ-トは、港北線31番鉄塔の足に付いている小さいものだけだったので「荏田線51」のプレートは貴重だったかもしれませんね。

Re: No title

そうですね。荏田線51号が市ヶ尾線に戻ったことで、荏田線はとても短い送電線に戻ったということですね。
ちなみに、この市ヶ尾線51号はよくみると改造されたように見えて、最初は単なる交差鉄塔だったのではないかと思っています。もしそうなら「荏田線」と「鴨志田線」、もしくは「生田線」と、この鉄塔は名乗っていたのかもしれませんね。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR