9月26日 京浜線・柿生線・川崎火力線ツアーその1

26日、空は青色、まさに鉄塔日和。
この日は京浜線の残りの鉄塔をコンプリートし、柿生線を辿るべく西東京変電所へ行きます。
まずは京浜1.2号線を辿ります。

京浜線1.2号線1061号
この日の初撮影区間は1061号から、
下に人がいたので写らないように・・・ていうか気を遣わなくても見上げれば下は写りませんでした。

1062号と老番側の鉄塔達
1062号は川のほとりに立っています。
その先にはこれから辿る鉄塔達が軒を連ねていました。

嵩上げされてる?
軒を連ねた鉄塔の周りは住宅街で辿りやすいです。山あり谷ありの京浜でこれは珍しいです。
この鉄塔は真ん中あたりに腕金をつけられそうに見え、これは旧鉄塔を嵩上げしたのでは?と思いました。

1066号は古い鉄塔
でもしばらく行くとまた古い鉄塔に戻ります。
ここで寄り道・・・

鶴川変電所
鶴川変電所を撮影、鶴川線の終点でした。鶴川線も辿ってみたいですが、
国土地理院の地図閲覧サービスの地図を見る限り山の中を通っていて辿れるのか?と思いました。

もう1つは、3.4号線の欠番調べ、大きな3.4号線の1064号のあとの区間に欠番があったので、
見に行ってみたら1065号が欠番でした。
欠番もわかり、すでに全ての鉄塔が撮影済みの3.4号線はこれで真のコンプリートです。

森の中に立つ1068号
で、1.2号線はというと、この後山の中に入り接近困難、しかもまたしても高い鉄塔です!
しかし・・・高い鉄塔は造りが古そうで、前後の鉄塔も古い鉄塔のようなので、
欠番がないことを祈りつつ、進みます。西東京変電所も、もう少しです。

1071号
最終鉄塔の1基手前の鉄塔です。最終鉄塔は甲乙の2本に分かれています。
番号を見ると・・・。
1072-乙1072-甲
乙鉄塔に1072の数字、ということは、1.2号線に欠番はないということです。


これで西東京変電所到着、京浜線は1.2、3.4号線全てをコンプリートしました!
自分におめでとうです。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR