送電線めぐり5月1日 その1

この日は鉄塔日和といってもいい晴天。
京浜線3.4号線の続きを辿ります。

再び1045号を撮る
この日、最初にカメラを向けた鉄塔は1045号。
前回撮った時はもう夕暮れでしたから。

この日最初の初めて撮る鉄塔
ここから始めてみる鉄塔です。
あいかわらず京浜線は丘陵地を通って行きます。

ちょっと形が違う
この鉄塔、I吊り碍子なんですけど小田急線交差以前に見られる
タイプの古い鉄塔とは形が違います。
平成1年建設とありました。

京浜線と鶴川線
京浜線と鶴川線の交差です。
鶴川線の鉄塔は結構低く、かつては京浜線も低かったのでしょう。
ということは1053号は建て替えられた新しい鉄塔だということです。

とても高ーい
この鉄塔は高すぎです。
丘の上を通っている別の送電線のさらに上を行っています。
こんなに高くする必要あるのかなあ?

古いI吊りはこれだけ
辿って行ってみてこの形の古い鉄塔はなんと1基だけ、
この辺りは建て替えが進んでいたみたい。
おまけに欠番もありあーどの番号がないのかな~?

低すぎる鉄塔
こうしてどんどん辿って行ったら、
ついに終点に着きました。
最終鉄塔の番号は1061号、
つまり61番目で終わっています。
ただし、正確には1021-1号と1034-1号が存在したので、
63番目です。
それにしてもこの鉄塔低すぎです。
なんかこの前辿った北旭線の鉄塔より地上から電線の
高さが低いような・・・。下にいたら電磁波浴びまくりです。
でもやっぱり電線を束にしているからでしょうかね、
ジリジリ音はあまり聞こえません。

次は西東京電力所(変電所)です!

続く

追記 最終鉄塔は63番目と書きましたが、
   正確には欠番が1つあったので、
   正しくは62番目です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR