FC2ブログ

3月25日 小田急&伊豆箱根遠征 後編伊豆箱根

小田急線でロマンスカーの雄姿を眺めた後は、
そのまま小田原経由で三島へ。
伊豆箱根鉄道駿豆線に乗ってみます。

3000系3501編成
早速お目当ての色物車体が!
ラッピング終了1週間前でしたが、出会えてよかったですね。
ちなみに、車両の前に人形並べている方も・・・。

ここから、先に発車する列車に乗って、駿豆線の車窓を撮ってみます。

駿豆線車窓
三島を発車してすぐは市街地です。

駿豆線車窓
そのあと延々とカーブが続きます。
路面電車か軽便鉄道かと思うぐらいきつくて長いカーブです。

3000系3501編成
途中駅からサンシャイン編成に乗りました。

駿豆線車窓
その後もしばらく市街地を進んでいきますが

駿豆線車窓
やがて長閑な田園地帯に入っていきます。

駿豆線車窓
そして、以前撮影した眺めの良いカーブを曲がって行きます。
鉄道&ラブライブで集まったような方々が熱心に
カメラを向けておられました。

1300系2201編成
大場駅ではまたまた西武カラーを見かけました。

駿豆線車窓
駅の周辺では、住宅街である場所もあります。

駿豆線車窓
ですが、やはり田園地帯が多いです。

駿豆線車窓
長閑な風景が続きます。

駿豆線車窓
そして、このあたり線路がまっすぐであることも特筆できます。

駿豆線車窓
伊豆長岡駅まで目立ったカーブがないのです。

駿豆線車窓
その先、駅出発後はカーブして、だんだん山風景になっていきます。

駿豆線車窓
小刻みなカーブは続きます。
しかしトンネルは、ないんですよね。
狩野川のほとりをうまく利用して線路を敷いた様子が良く分かります。

駿豆線車窓
山間をカーブしまして

駿豆線車窓
長閑な山風景を進みまして

駿豆線車窓
線路がにぎやかになってきたらとうとう終点です。

修善寺駅
終点の修善寺駅です。
駅舎は3方向から入れる面白い構造をしています。
一見するとレトロな三角屋根駅舎ですが、
伊豆長岡駅のような駅舎を2014年に建て替えた新しいものです。
機能的な四角い駅舎ではなく、風情も出したデザインは好ましいですね。

で、ここから自転車にまたがって、三島方面に駅舎撮影に行きます。

3000系3501編成
途中またラッピング編成を見かけました。

大仁駅
駅舎も一部はレトロですが、
特に大仁駅と、

田京駅
田京駅は個人的に気に入りますね。
しかし伊豆急なのに国鉄駅舎にも見えます・・・。

伊豆長岡駅
そして、日も傾いてきたころに伊豆長岡駅到着です。
まあ、ちゃんとサンシャインでデコレーションされちゃいまして・・・。
伊豆箱根鉄道のライブライブフィーバーがいつまで続くか気になります。

まだ時間はありましたが、送電線撮影に寄り道したので、
鉄道撮影はここまでです。

前回は撮れなかったLSEとラッピング編成をものにできて良かったですね。
そのうち、今度はもう1本のラッピング編成も狙いに訪れたいと思います。

動画です↓
2018-03-25 伊豆箱根鉄道3000系3501編成 大場駅発車
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR