1月2日 年末年始名阪遠征2017 ~東海道線駅本気の駅撮りしました~

新年2日目です。
手元を見たら、まだ18きっぷが帰りの分含めて
3日分空いていたので、そのうち1日分を有効活用するべく、
途中下車しながら東海道線の駅舎撮りにでかけました。
とはいっても全部ではないですが。

岸部駅
まずは岸部駅からスタートします。

321系アカD21編成
駅で列車も撮れるところは撮っていきます。

この後、先日駅舎だけ撮っていた千里丘駅はホームだけ撮影し、
続く駅で途中下車していきました。

島本駅
島本駅までやってきました。
特徴ある接近メロディは完全版ではないですが、録音できました。
結構橋上駅舎が多いですね。

桂川駅
そのあとも各駅に下車して桂川駅へ
前から思っていましたが、なんで駅舎のド真ん前に鉄塔が!
「見た目だけで取っ払え言う輩には負けへんぞー」という
関西電力の意地?が垣間見えるような・・・。

西大路駅
西大路駅まで来ると、いよいよ京都まで来た、という感じです。
しかし、京都駅は一応、以前撮ってあったのでスルーします。
・・・同じ理由で山崎駅もスルーしてました。

南草津駅
いよいよ湖西線が分岐し、ここから本数が減っていきます。
草津駅は以前訪れたことがありますが、南草津駅は初下車です。

栗東駅
ちょっと進んで栗東駅です。
「くりとう」とか読んでしまいそうですが「りっとう」です。
これ、難読駅名の部類に・・・・
入りませんね。

223系ホシW17編成
この区間、相対式ホームの駅もいくつかあって、
車両撮影にもいい感じです。
写真だけ見ると何となく高崎問屋町駅っぽい?

野洲駅
そして順々に降りながら野洲駅までやってきました。
一部の列車が野洲駅どまりなので、ここから先は快速入れて毎時4本。
快速が止まらない駅に至っては毎時2本と、かなり減ります。
停車本数だけで見たら関ヶ原越え区間とあまり変わらないじゃないですか・・・。

なので、下り列車もうまく使って、撮っていくことにしました。

安土駅
安土駅です。
安土城をイメージしたであろう立派な橋上駅舎があり、

安土駅
その隣には最後の旧駅舎の姿が・・・。
うーん、使用終了する前に訪れてみたかったですね。
こういった木造駅舎も、数十年後には貴重になってきそうです。

近江八幡駅
その後、下り列車も使って篠原駅まで折り返したら、
快速で安土駅を通過して近江八幡駅に来ます。
ここから快速に乗り換えて能登川駅に行きます。

能登川駅
ここから普通列車に乗り換えて途中の駅
・・・と言いたかったのですが、下り列車と時間が合いそうになかったので、
スルーしてそのまま米原駅まで行きました。
ここからさらにJR東海区間に入り、関ヶ原越え区間の
未撮影2駅を訪問しました。

醒ヶ井駅
まずは醒ヶ井駅です。
ここで15分程度待ちました。

313系カキY41編成
やってきた313系も、もれなく撮影。
ある程度撮っておきたいですが、
本数が本数なので。

垂井駅
最後は垂井駅です。
この関ヶ原越え区間の列車の本数(毎時2本)が
東海道線で一番本数が少ない区間ですが、
管理人の田舎は1時間に1本レベルなので、
あんまり少ないという感じはしないですね。

ここで折り返して、車窓撮影に

車窓撮れず
行きたかったのですが、夕暮れ&雨降りで見えないとダブルパンチで、
車窓撮影はやめました。

この先は暗くなってきたので、そのまま帰路につきました。

関ヶ原越え区間もすべての駅舎を撮影し、新大阪~大垣駅の間の
未撮影駅舎が残り7つだけになりました。
引き続き、東海道線全駅舎撮影を目指して、撮影を進めていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR