9月30日 子安~川崎 久々市街地鉄塔旅 その1

9月も末日でしたこの日、
関西遠征以外では久しぶりに市街地の鉄塔を辿りに行きました。
今回は、保土ヶ谷線を抱えている横浜火力北線の撮影を初めとして、
続く送電線をいくつか追跡しました。
ええ、横浜火力北線を撮っていなかったので、保土ヶ谷線もずーっと放置、
つまり課題送電線状態でしたので

子安変電所
京急子安駅から走って、子安変電所から追跡スタートです。
パワーグリッド表記の表札を見てみたら、いつの間にか「子安開閉所」が
追加されていてちょっとびっくりしました。
横浜大黒方面からの地中線に何かあったのでしょうか。

横浜火力北線4号
横浜火力北線をたどっていきます。
一応新横浜までは追跡済みなのですが、辿ったのは
このブログを開設した2010年です。
さすがに都留線の3年を上回る7年も放置していたら、
周りもいろいろ変わってそうですから、
思い切って全区間辿り直してみます。
それにしても、7年前ですでにさびさびだった鉄塔は今もなお塗装されておらず、
可哀そうに見えてしまいます・・・。

横浜火力北線9号
丘陵地帯を走る風景は、7年前とあまり変わらない気がします。
鉄塔の建て替えなども全然されておらず、
どこか素朴な送電風景を、まだ楽しむことができます。

横浜火力北線19号
保土ヶ谷線と合流しますと、鉄塔が一気にきれいになりました。
恐らくですが、ここで管轄が分かれていると思われます。
比較的きれいになった鉄塔を見ると、早く若番側の鉄塔も塗装してあげて・・・、
と思ったりします。
また、電話番号表記もパワーグリッド表記に修正されており、いよいよ
純粋な東京電力表記も本格的に減少に転じているようですね。

横浜火力北線23号
岸根調整所を過ぎると、いよいよ新横浜のビル街沿い区間のスタートです。
ここまで市街地を通る鉄塔は、日本全体で見てもあまりないでしょうから、
知っている風景とはいえワクワクしてしまいます。

横浜火力北線30号
ビル街区間は新鶴見-大船線とも並走してにぎやかです。
土曜日ということもあって、結構周辺は訪れている方が多くいらっしゃいました。

横浜火力北線31号
そして、ここでガクン!と曲がるわけです。
この辺りからは撮影したことがない区間に入っていきます。

横浜火力北線34号
ビル街を過ぎても、しばらくは市街地を通過していきました。
その後、丘を登り、足にこたえるきつい坂を歩いて登り、そして越えていきます。

横浜火力北線40号
こういった若干見下ろしアングルで鉄塔を撮れるのも横浜周辺の特徴でしょうか。
新横浜以外は、目立って建て替えられている箇所もなく、
昭和38年建設の鉄塔の頼もしい姿を楽しみつつ進みました。

横浜火力北線43号
そして、新鶴見-大船線と2回目の交差をする付近では、運動会の真っただ中でした。
そういえばシーズンですね。
ちょうどお遊戯が始まったところで、
元気な子供達と鉄塔を絡めた写真を収めたかったのですが、
部外者が割り込んだら怪しまれそうだったので自重しました。
だって襟シャツ着て帽子被って自転車に乗った男って・・・。

横浜火力北線44号
その後、横浜火力北線はトレッサ横浜の敷地を堂々と通過していますが、
鉄塔も堂々とトレッサに囲まれた状態で立っています。これすごいですね。
丸く囲まれた鉄塔の周りだけジャングル状態みたいで、ある種独特の光景でした。

横浜火力北線46号
そこを過ぎればもう旭変電所はすぐ近くです。
未だに色あせない46号鉄塔を改めて見上げます。
計6回線を支えている76mの変形鉄塔は、いつみても圧巻です。

横浜火力北線48号
そして、横浜火力北線、2本の最終鉄塔も、昔と変わらない姿で
出迎えてくれました。
同時に保土ヶ谷線も1号鉄塔を収めたので、こちらも踏破できました。
さて、課題であった送電線は終わりましたが、
この日の旅はまだ続きます。

旭綱島線1号
鉄構スタートの旭綱島線で、すぐ近くの綱島変電所に向かいます。
両端変電所の名前をそのまま捩った線名は、東京電力に限ると珍しいネーミングだと感じます。
(ほかに思い当たるのが上久屋小松線ぐらいでしょうか)

旭綱島線2号
更に特徴的なのが、島崎線を潜る2号鉄塔だけ
高くできないので古いままと言うことです。
いや、ジャミラ型なだけで実際は新しいのかもしれませんが、
この鉄塔だけスタイルが違うのも目を引きます。

旭綱島線6号
旭綱島線は、その後住宅街を突っ切った後、
鶴見川を渡ります。
形の似ている右隣の相武線と仲が良さそうですね。

横浜火力東線
仲が良さそうと言えば、こちらの横浜火力東線も外せません。
鶴見川横断部分だけ地上に出ていますが、
地中線のプレートは「東」が付いていないのが気になりました。
それにしても、8Lまであると言うことは、
横浜火力線シリーズは計8回線もあるということです。
これが全部地上だったら、横浜火力発電所は、
知多火力発電所みたいに、さぞかしにぎやかになっていたことでしょうね・・・。

旭綱島線6号
旭綱島線は6基の短い旅を終えて、綱島変電所に接続します。
枝線を除けば2路線踏破しましたが、続けて川崎方面の2路線に挑みます。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR