7月29日 大倉山界隈の鉄塔最新状況調査

29日、所用で近くによる機会があったので、
その終わりに、大倉山界隈の鉄塔を見に行きました。
というのも、さんらぁたんさんからの
「大倉山線廃線?」という状況が実際はどうなっているのか、
詳しく見てみました。

一応全体像を見て判断しようと思いまして、
まずは北浜線の終点である港北変電所に向かいます。
北浜線の6回線鉄塔の一番下段の腕金がなくなっていることは分かりました。
では、大倉山線を廃した最終鉄塔は
下段をなくしてスリムに

北浜線75号
・・・じゃなくて頭でっかちになってるぅーー!!
ということで、予想に反して北浜線だった腕金がなくなっている北浜線75号です。

以前の北浜線75号←これは以前の様子です。
比べてみると、76号(写真奥)もなくなっているのです。
では、残っている隣の鉄塔は?

大倉山線1号
それが大倉山線だったのです。
片回線を引っこ抜かれていかにも撤去待ちという状態ですが、
これで現状下段の回線が大倉山線であることがわかりました。

北浜線74号
74号以降は、この通り、一番下の腕金がなくなり、
スリムな4回線鉄塔となりました。
では、無くなった回線は何線なのでしょう?
・・・北旭線ですね。
大倉山線ではなく北旭線に何かあったっぽいです。

大倉山方面
大倉山まで来てみました。
遠くからだとわからないので、近くまで行ってみます。

北浜線64号
では、大倉山に合流している鉄塔の名義はどうなのでしょう。
こちらから確認してみると、京浜変電所からの北浜線もそのままでしたし、
北島線も北島線のままでした。
では、大倉山での変化は?

北浜線68号
大倉山南側からの住宅街から撮影した北浜線68号です。
この鉄塔は元から2回線でしたが、以前は存在していた大倉山線9号独立鉄塔が、
さんらぁたんさんの情報通り、撤去されていることが確認できました。
そのため、68号は鉄塔の構造こそ変わらないものの、
下段が大倉山線となっているのです。

北島線14号
続いて北島線14号です。
この鉄塔は変化が少ないようで、
最上部は北島線を素通し、中段は交差、下段は大倉山線の急カーブ、
という構成は変わらないようです。

北旭線10号?
そしてその北浜線の回線を受け取っている、昔は北旭線10号でしたが、
今支えているのは北浜線!?

以前の北旭線10号
以前の写真では、分岐ではなく、北旭線の急カーブでした。
それが、北浜線68号の上段で分岐し、北島線14号の中段で経由となった北浜線が、
この鉄塔を介して奥に向かいます。
で、そこから北旭線が分岐しているのです。
・・・ああ、わかりました

大倉山の以前の鉄塔図
こちらは以前の図ですが、
北浜線と北旭線が別ルートで大倉山を左右に駆けている感じでした。

大倉山の現在の鉄塔図
それがどうなったかと言いますと、
もともと北旭線を経由させていたルートに北浜線を移して北旭線は
北浜線の回線から分岐となったわけです。
これに伴い、不要となった港北変電所~大倉山間の北旭線の腕金の代わりに
既存の大倉山線の腕金だけ撤去し、空いた北旭線の腕金に
大倉山線を移した格好の様です。
ちなみに「改造」だの「変化」といった文言がありますが、
実際、建て替えなのか改造なのかは不明であります。

と言う訳で、北旭線の部分廃止に伴って取り回しが変わり、
どさくさに紛れて大倉山線9号が撤去されて、回線のスリム化が行われた
大倉山ですが、そこから北旭線が分岐する構造に変わったため、
北旭線の老番側の鉄塔名義がどうなっているか気になります。

北旭線13号
と言う訳で、数年前に建て替えられた新しい鉄塔を拝む次いでに
名義確認。
やはり、北旭線のままでした。

北旭線14号
東横線側の鉄塔ですが、こちらも北旭線14号のままでした。
北旭線は名義を変えていないようです。
・・・まぁ、欠番している送電線がそのままの高さで受け継がれてきたかと思うと、
ちょっと心配になりますね。

北旭線16号
16号は紅白に・・・。
しかし、建設当初の鉄塔で、V吊り鉄塔は残るという予想が
こちらは当たった格好です。
北旭線の建て替え目的が老朽化ではなく、
ただ単に電線の地上からの高さ(地上高)を稼ぎたくて、
低い鉄塔だけ建て替えたみたいです。

北旭線20号
旭変電所まで来ましたが、
20号は不変です。

北旭線22号
最終の3段鉄塔も健在でした。

一部区間廃線になった北旭線ですが、同線の名義となっている鉄塔は
1基も撤去されておらず、北島線の老番側も外観上変化がないという、
遠くからではわかりずらい内容でした。
最近は少子高齢化でいろいろな影響が懸念される世の中ですが、
送電線の構成にも、影響が出始めているのでしょうか。
もしそうなら、記録は今のうちですね。

撮影は旭変電所で終了です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR