12月31日 年末年始関西遠征 その3 大東摂津の面白鉄塔旅 前編

31日、いよいよ大晦日です。
今年も締めくくりは鉄塔旅となったのですが、
せっかくなので関西電力の面白い鉄塔が見たい!
ということで、ゴールデンウィーク遠征で途中までたどっていた
大東線の続きをたどってみることにしました。

大東線13号
大東線は、この13号から地上へ引き上げています。
事前情報をいただいていなかったら、存在に気付くとこがあったかどうか・・・。

大東線17号
大東線は、すぐに2回線を加えて4回線となり、
そのままJR東西線を超えて北へ進んでいきます。

大東線19号
住宅街を進んでいきます。

大東線20号
ここで大東線に変化が出ました。
分岐鉄塔があったので、見てみたら大東変電所に分岐です。
大東線は大東変電所をスルーする送電線だったのですか。
・・・それはいいのですが、この先の電線がないですね!

大東線22号
なんということでしょう。
架空地線を除いて、きれいさっぱり電線が外されています。
もしかして廃線になってしまうのでしょうか。
追跡区間をつなげたい管理人にとって、途中で途切れてしまうのは
何とも心ともないです。

大東線27号
しかし、その不安はすぐに解消することになります。
途中には、ふつうの鉄塔もあったのですが、

大東線27号
根元を見てみると、コンクリートが新しいのです。
これは、最近たてられた鉄塔である証拠です。
つまり、廃線ではなく、建て替え工事の途上で、一時的に電線を
外しているとわかります。
逆を言えば、大東線に残っていたという古い鉄塔は、
もう建て替えられてしまったのでしょうかね。

大東線29号
電線のない状態の鉄塔は29号まで確認できました。
で、その後別の送電線に合流していたのですが、
その手前にも工事現場が2か所あり、そのうち1か所には「建て替え」の表示、
とりあえず、大東線の電線が復活するのが確定したので、
安心して進めます。

島頭支線3号
大東線は、島頭変電所に給電している、この鉄塔に合流していました。

しかし、島頭支線というこの鉄塔、この時点で3号ということは

島頭支線1号
はい、大きな道路を渡った先で地中インしておりました。
ていうか、近くに見えるのは東大阪古川橋線の野崎支線を引き留めている鉄塔。
実は、ゴールデンウィーク遠征の際、
この島頭支線の鉄塔にも出会っていたのです。
その時に大東線をたどれば、古い鉄塔にも会えたのでしょうか。
とりあえず大東線はコンプリートということにしまして、

分岐元とみられる鉄塔に行って、
島頭支線がその鉄塔から分岐していることをプレートアップ撮影で確認しました。

で、たどらないですがせっかくなので、
近くの変電所までその送電線を撮ってみます。

新寝屋川古川橋線36号
で、この鉄塔、名前を新寝屋川古川橋線といいまして、
途中にはこんな櫓みたいな鉄塔があったりします。
最初は、骨組み構造から判断して昭和30年代の鉄塔かとも思ったのですが。

新寝屋川古川橋線39号
もう1基ありましたので、建設年を見てみたら、なんと昭和8年でした。
ブライヒ結構という構造は比較的新しい鉄塔に多いはずですが、
この鉄塔は戦前からその構造を採用していたのでしょうか。

新寝屋川古川橋線40号
さらに、四角鉄塔でも古そうな鉄塔がありました。
線名に「新」とつく割には、レトロな鉄塔がそろい踏みということですね。
若番の区間も気になってきますね。

とりあえず、変電所がすぐそこです。

古川橋変電所
大きな古川橋変電所に出ました。
関西方面の鉄塔を紹介されている方のサイトを見てみると、
この変電所も歴史があるそうです。

そして、時刻はお昼時、管理人は、この先にも目を付けた送電線があったので、
それをたどります。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大東線

昭和11年生まれの原型鉄塔、建て替えられてしまったんですね・・

新寝屋川古川橋線は大同電力の建設した送電路の流用線だと思います。昔は古川橋変電所側(大同電力大阪変電所)が若番だったんでしょうね。

この電路、大同電力と京都電燈の連系線だと思います。京都市伏見区の京都電燈横大路変電所(現・横大路変電所)まで繋がっていました。

系統分割されていたり、コース変更があったりしますが、今も横大路変電所まで辿れます。シングルテーパーの原型四角鉄塔、残存多数ありです。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR