7月31日 鉄道模型ショー2016

31日
松屋銀座で開催されている鉄道模型ショーに行っていきました。
いつもの中古品店で、高額商品を購入して、頂いた招待券があったので、行ってみました。

入り口
会場に着くと、結構な人でです。
いつも見に行っているプラレール博などと違い、デパートのイベントスペースを
使用しているため、若干、狭い感じはありますね。

周回
入ってすぐに、大きな周回レイアウトがありました。
そして、黒貨車とコンテナ車で構成されたとんでもなく長い貨物列車が走っていました。

グリーンマックス
その周回レイアウトを囲む形で、各模型メーカーのブースがあるので、順に見て回ります。
こちらはグリーンマックス。
私鉄電車などのラインナップが結構あります。
そしてお高いことで有名ですね。

グリーンマックス
レイアウトには京急600形と東武60000系が走っていました。
どちらも欲しくなりますが、やはり高くて手が出ないですね。

マルタイ走る
そんなグリーンマックスですが、最近、マルチプルタイタンパーという
保線車両を商品化して、話題沸騰中です。

KATOの新幹線
こちらは、大御所KATOこと積水金属のブースにあったレイアウトです。
やはり、車両も情景もカチッとしたディテールで実感的です。
KATOとトミックスは、ディテールの良さに定評がありますし。

KATOの車庫
そういえば、トミックスに対抗して電動の転車台を発売したKATOですが、
その後発売した扇型機関庫もなかなか素晴らしいです。
ただ、その近くに京急2100形とE233系という、アンマッチもいいとこな車両を
置いているのは、シュールを通りこして謎です。

周回
一旦真ん中に戻ります。
こちらは、とんでもない数のグリーン車を連ねたところにE231系常磐線付属編成という、
これまたお遊びにしか見えない編成が走っていました。

日本全国の新幹線
さらに、会場の奥には、北海道新幹線が開通した子を記念して、
全国の新幹線のNゲージを走らせていました。

ジオコレ
こちらはトミックスのジオコレのコーナー。
個人的に、鉄塔と解体中の建物が目を引きました。

山手線が山の中・・・
周回レイアウトでは
山手線が山の中・・・。

モデモ
こちらはモデモのコーナー。
ディーゼルカーや路面電車、313系など、
地方の車両が多い気がします。

モデモ
こちらは江ノ電のレイアウト。
モデモは江ノ電も多いですね。

マイクロエース
こちらはマイクロエース
とにかく、マニアックな車両、マイナー車両のラインナップが多いです。
私鉄車両が多いのは助かります。
ただし、必然的に、ロット数が少なく、高価になりがちです。

レイアウト
レイアウトです。

とんでもない編成
上で申し上げましたとんでもない編成がこちら・・・。

遊園地
遊園地っぽい情景を販売しているメーカーもありました。
どちらかと言えば「レイアウトを作ってくれる」感じのメーカーの様です。

ショッピングコーナー
会場を出るとショッピングコーナーです。

あの中古品店はここに
中古模型取り扱いでは有名な、このお店もありました。
(旧河合商会の商品を引き継いだ点でも知名度ありますかね)

というわけで、初めての模型ショーでした。
内容は、最新の模型市場の動向を探るうえでは申し分ないです。
ただし、もうちょっと会場を広くするか、企画展示みたいなのがもっとあれば、
入場料700円に叶う気がします。

とりあえず、近くによる機会か招待券がまたあれば来てみたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR