7月30日 笹子-石和温泉 清八峠を越えて鉄塔旅 その1

天気に恵まれた30日
管理人はJR中央線は笹子駅に降り立ちました。
いよいよ都留線の始発鉄塔を拝み、その足でいよいよ甲府盆地に向かいます。

笹子駅から歩いて、この日のスタート地点に向かいました。
しかし結構距離がありました・・・。

東山梨変電所
緑に囲まれた道路につくと、東山梨変電所があります。
都留線はここからスタートしています。
到着してすぐ、東電パワーグリッド表記となった看板が目に入りました。
発送電分離を実感しますね・・・。
今後、急速に関東中の変電所からテプコマークが消えるのでしょう。
ちょっと休憩したのち、道路を通って、変電所の裏手に回ります。

御坂線1号
いました!大きい鉄塔は御坂線の1号。
そして、後ろの小さな鉄塔が都留線の1号です。
入る分には問題なさそうでしたので、早速都留線1号の結界を拝みます。

都留線1号
やっと来た感じがあります・・・。
ここから200基以上の鉄塔を従えて橋本変電所まで続いていると思うと感慨深いです。
ただし、札の表記がほとんどかすれて見えづらかったのは残念ですね。
折角の1号ですし。

そして、1号鉄塔を拝んだら、その足で御坂線の老番側に向かいます。
川を渡った後、その先へさらに道が続いています。

御坂線6号
しかし、6号相当の鉄塔ははるか山の上、これ、ちゃんと巡視路あるんですかね。
一応、車が入れる道はありましたので、そこから分岐していた通路を入って少し山を登りました。
結局違う道だったようですが・・・。
本命の道を進んでいくと、一応は清八峠に向かう登山道でした。
しかしだんだん道が狭くなり、下草で足元も見えづらい場所もあったほどです。

御坂線6~4号
しかし、なぜだか周囲が思いっきり開けていて、
山を駆け上がる御坂線がよく見えました。
あ、言い忘れておりましたが、下段都留線です。

光る電線
電線が日の光で輝いております。
山の中なのに低光沢電線とか使わないんですね・・・。

というわけで、しばらく開けた場所が続いたと思ったら、
やっと斜面地帯に入りました。
しかし、ここから尾根に到達するまでの道がとてつもなく長く、
見えないゴールに心折れそうになりました・・・。
一応、電線の写真のところから1時間半ぐらい歩いて?尾根に辿りつきました。
そこから三つ峠方面に歩くと、ほどなくして清八山頂上にたどり着きます。

清八山より
いやーかなり絶景です。
というより、御坂線から、結構離れていたのでした。
標高1593m、前回の八丁峠の都留線(1505m)よりも高いですよ。

ここからさらに三つ峠方面に歩きましたが、
途中で林道が分かれている箇所があり、そこから、お目当てである旧国道134号線に
続く道路に降りることができたのです。

頂上から1時間程度です。
前半の長ったらしいコースが嘘の様です。

そのまま、御坂トンネル方面に歩きましたが、
トンネル手前にある茶屋の前からの風景が

清八山より
実は清八山頂よりも見事に見えた夏富士です。
生憎、その頂は雲に隠れています。

そのままトンネルを潜って、旧道を歩いて行くと、
山の上に都留線が見えてきました。

都留線18号
前回は近くを通った鉄塔たちでしたが、
改めてみると、本当に高い場所にあるように見えます。

御坂線7号
さらに進みますと、山を越えてきた御坂線の鉄塔が見えました。

都留線も巡視路がありましたので、
今回はヘアピンカーブ連続の道路を行かずにショートカット

都留線12号
14~12号全ての鉄塔に近づくことができました。
この12号を撮影しようとしたら、近くで鹿が逃げていく様子が見えました。
ドキっとしましたが、この日遭遇した野生動物は、ここだけでした。
砂防ダムのそばに立っていた12号ですが、北側から回り込んで到達できました。

その先も巡視路が続いていましたが、御坂線10号に到達する前に
一旦道路に出ました。

御坂線10号
そして、御坂線10号へ。
この鉄塔を撮ったことで、都留線の鉄塔はコンプリートです!
比較的鉄塔撮影初期に橋本変電所近傍から撮り始めた都留線ですが、
あの時はどこから来ているかも不明だったのに、今はその起点および分岐点を制覇しました。
本当に、長距離の送電線を制覇すると、達成感がありますね。

というわけで、都留線は終わりましたが、乗っ取りの御坂線はまだまだ
先がありますので、どんどん進んでいきます。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR