1月31日 新居初大型プラレール

31日
現在の家に引っ越してきて1年近く。
やっと、ここで大きなプラレールレイアウトを作りました。
まだ大きな家具が部屋の中に少ないので、スペースをふんだんに活用したレイアウトにしました。

ブロック橋げたがいっぱい
レイアウトを作り始める前に、ブロック橋げたの数を数えてみました。
全部で129個。
破損した1個を加えれば130個です。
しかし、超大型高層レイアウトを作るのであれば、これではまだまだ足りないです。
これからも集めていきます。

前置きはここまでにしまして、

大型レイアウト
レイアウトは、このような感じです。
全体的にレールを広げて、中央には橋げたをたくさん使ったメインのモジュールがあります。

レイアウト北東側
こちらはレイアウト「北東」側です。
自宅は、北西~南東の向きに通る正面の道路に合わせて、
緯線とはだいたい斜め45度ずれているので、今後はこのような呼び方にします。
こちらは高架がメインです。
しかし、真上から見るとやはりスカスカに見えるのは、
なかなか解消が難しいです。
最も、足の踏み場が全くないのも大変ですがね(笑)

レイアウト南西側
こちらは反対の南西側。
プラロードだけなのでもっとスカスカです。
しかし、プラロード部品の使用率が高いので、
レイアウト的には充実しています。

和室側
こちらは隣接した和室側です。
一部のトミカタウンが見つからず、建設予定の一部が空き地になってしまいました。

ささやかに周回
ささやかに周回スペースもあります。
しかし、カーブが急すぎて通れる列車は少ないですね。

部屋間をつなぐ橋
そんな2つの部屋をつないでいるのは、大きい部屋の外周部分を跨ぐ橋と坂です。
しかし、ただつなぐだけでは面白くありませんでした。
そこで

スパイラル登坂
和室から出ていく線路は、坂曲線でテーブルの上まで登りつめて、

田舎の駅通過
トンネルに挟まれたタブレットキャッチャーが残っている駅を通過し、

一気に下り坂
その後一気に下って、下のレイアウトに合流します。
本当はこの部分もスパイラルにしたかったのですが、
構造上、圧倒的にミニ橋げたが不足したので、このようになりました。

プラロード
プラロードは、南西側にトーマス踏切とクロス跳ね橋で
外周レイアウトに接合させたモジュールを設けています。
しかし、立体交差も使いたかったので、
設置可能な場所まで道路を伸ばしました。

高架の隙間を通ります
その結果、レイアウト中央部を貫くバイパスっぽくなりました。

中にも自動ターンアウトレール
自動ターンアウトレールも2つありますので、外に1つ
中に1つ使って、変化を付けました。
自動ポイントレールも使いたかったのですが、
気がついた時はすでに設置可能な場所がなかったので、使用は断念しました。

ここにも円があります
最後に、とってつけた周回スペースをもって、レイアウトが竣工しました。
しかし、ここは一度も列車を走らせませんでしたけどね(苦笑)

というわけで、なかなか迫力のレイアウトができました。
今回の掲載画像をまとめて動画にもしましたので、ご覧ください。
あ、一番上のブロック橋げたの画像はありませんので。

完成後は、カシオペアだの横浜線だのソドー島の仲間だの
いろいろな列車を走らせて楽しみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんなカフェを見つけたのでご紹介します。
もしかしてご存知かもしれませんが。

http://plarail-db.com/cafe-purataku/

Re: No title

コメントと情報ありがとうございます。
存じてはいましたが、実際に足を運んだことはまだないので、参考になりました。
プユマ号までプラレールになっていたのは以外です。
ちなみに、中間車は九州新幹線800系ですね。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR