1月4日 年末年始関西遠征 長旅終えて帰路へ

長くて内容盛りだくさんの年末年始関西遠征も
4日で最終日となりました。
なので、貨物列車正月運休を知らずに山崎駅付近の踏切で寒い夜を過ごした後、
そのまま上り列車に乗って、ひたすら東進し帰路につきました。

濃霧の中を走行
しかし、いきなり濃霧となっています。

濃霧の中を走行
写真だと分かりずらいですが、奥の方の景色が霧に隠れているのが
お分かりいただけるでしょうか。
なので列車も時折減速運転していました。

濃霧の中を走行
米原を過ぎてJR東海区間に入っても、関ヶ原を超える辺りまで濃霧が続きました。
しかしJR東海の列車は、余り減速せずに飛ばしていきました。
途中から乗り合わせた方と、今の政権はどうこうとか、
東京オリンピックは税金無駄遣いとかいう話でちょっと盛り上がりました。
そのあと話はその方の懐古的な内容に変わっていきました。

そして、名古屋駅まで一緒となりました。

尾頭橋駅
せっかくの18きっぷなので途中下車、
「びとうばし」と読むと思っていた尾頭橋駅(おとうばし)で下りてみます。
カーブがすごいです。

尾頭橋駅
駅からも出てみます。

駅舎撮ってすぐ駅構内に戻りますが、
並走する名鉄の列車が撮れます。

名鉄3300系3304編成
普通の電車と

名鉄1400系1014編成
パノラマスーパーの計2点、頂きました。

静岡の駅そば
そのあと、お昼時で静岡駅に着いたので駅そばを堪能。

373系シスF10編成
途中の乗り換えとなった興津駅では、おそらく初めて373系をゲット。

富士山
富士川を超えていよいよ50Hz域に戻ってくると、
暖冬だからか、雪の少ない富士山が目を引きました。

313系シスT17編成
そして、熱海で乗り換え前に撮影したこの313系が、
この旅で最後に撮影した列車となりました。

そして、乗りなれたE231系で小田原へ向かい、小田急に乗り換えて、
日も傾いてきた時刻に、自宅に無事到着しました。

6泊7日、年明け宣言を除いて、記事数18に上った一大旅行でした。
やっていることは関東とあまり変わらなくても、
やはり、関西という異郷の地で過ごしたのは、新鮮で充実していました。
いろいろと思うことがありますが、
ひとまず無事に終了したということで〆とします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR