11月22日 根府川-真鶴で真鶴線と二宮-湯河原線ダブル鉄塔旅 その1

22日
青空ではないものの雨は降らないという予報だったので、
引き続き真鶴線の続きを辿ってまいりました。

今回は根府川駅で降ります。

根府川分岐線8号
その前に、根府川にはJR鉄塔の分岐線がやってきています。
これを目印にして真鶴線まで行ってみます。

根府川駅
根府川駅は、関東大震災の地滑りで海まで滑り落ちた当時のホームがそのまま
残っていることで有名ですが、現在の駅舎も大正13年と、再建当時の駅舎が今なお現役です。
しかし、一番言いたいのは、左のバスがどいてくれないことです。

とりあえず根府川分岐線を辿るため、駅前から階段やら坂道を登ります。

小田原市役所片浦支所
今度は大分しゃれた建物がありました。
小田原市役所の支所の様です。
大正中ごろ~昭和初期の建築でしょうか。

根府川分岐線4号
大分話が脱線しましたが、
根府川分岐線はゴルフ場を避けるように右側へカーブしていきます。

根府川分岐線5号
さらに、振り返ると海を背景に撮れたりもします。
なかなかロケーションは最高です。

しかし、この後が大変でした。
鉄塔に沿って道を進むも私有地かもわからない場所に出たので引き返し、
別の道から旧片浦中学校沿い
(途中の看板に旧と付いておりましたが廃校ではないみたいです)
に進んで、途中の道から入るも同じ場所に出てしまい・・・。
結局、事前に予想した駅前の道を西側に進んで、
そこからゴルフ場へ行く方が正しかったのです。
ちなみに根府川駅の前に止まっていたバスは、
最後に通りかかるまでどいてはくれませんでした(笑)
途中の分かれ道から、上り坂を延々上り、オレンジ色の橋を渡って、しばらく進むと入り口です。

で、ゴルフ場というより他の施設も混ざったリゾート施設ですが、
利用者以外立ち入り禁止という感じではないように見えたので、道なりに進んでいきました。

根府川分岐線1号
そして根府川分岐線の1号鉄塔が見えてきました。
とても高くて真鶴線を超えていました。
その先には二宮-湯河原線の分岐鉄塔があります。

さて、さらに歩いていきますと、施設のすぐそばを走る道に出られる場所があったので、
柵を跨いで出てみました。

すると、途中まで建設された広域農道の先に真鶴線の鉄塔がありました。
関係車両以外進入禁止と書かれていましたが、歩行者なら大丈夫だろうと
たまたま通りかかった方が教えてくださいました。
真鶴線42号
やったー!これならいけますよ♪
未撮影の41号・40号も見えますよ

ですが、

真鶴線42号→私有地と思われたため設計断念。
広域農道→若番の鉄塔が見えそうな手前で「立ち入り禁止」。これは歩行者でもムリです。
二宮-湯河原線の巡視路→真鶴線の若番見える場所なし。

・・・うわぁぁぁぁぁん真鶴線41号40号が見えないぃぃぃ。

真鶴線43号
と、いうわけで、真鶴線のコンプリートは、たった2基の鉄塔が
見えないために当面お預けとなってしまいました。
一応、広域農道の工事は11月30日までとなっていますが、
こういった工事って場合によっては、終了日がじりじり延期されることもあるイメージなので、
正直怪しいところです。
来年には道が開通して、そのお姿を拝見できる日が来ることを祈っています。

ひとまず43号を眺めながら、この日は老番側への旅を再開することとしました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR