9月21日 シルバウィーク中京遠征 名鉄堪能撮り鉄旅 その1

21日
シルバーウィーク3日目は本格的に列車を撮りに行きました。
名古屋と言えば名鉄!
というわけで、まずは名古屋駅周辺で撮影できそうな場所を探しました。
すると、名鉄が地下に潜るところに陸橋があり、
そこからカメラを突き出して撮影ができました。

6800系6802編成
名鉄と言えばこの赤色です!

6000系6016編成
レトロな車両もまだあります。
名鉄は最近豊田駅方の車両の屋根に車両番号を記載し始めたようで、
それで編成番号が分かります。

2000系2011編成
しかし新しい車両もやってきます。
特にミュースカイは青色で名鉄では異色の存在ですね。

3150系3165編成
ステンレスの車両も最近は多くなっています。
それでも独特のフロントマスクが魅力的です。

1000系1132編成
名鉄と言えばパノラマカーが有名ですが、
こちらからでは反対側となってしまいます。
パノラマカーは後ほどたくさん撮ることになります。

2300系1132編成
こちらはミュースカイの色違いです。
後ろ2両はもと1600系ですね。

3100系3110編成
とりあえず掲載はこのくらいにしますが、実際は
もっとたくさん撮影しています。

次にプラ太郎は地下鉄に乗りに行きました。
名古屋市営地下鉄ではいま旧車3000系が世代交代中です。

3050系3151編成
3000系目当てで鶴舞線に乗車したら、まず3050系に乗りました。
モーター音は地元小田急の1000形と似ていますね。

そして、終点の赤池まで行き、地上に出ます。
線路を探して一度変な方向へ行きながらも、
地図を頼りに何とか戻ってきて車庫を見つけます。
3000系3113編成
そこに3000系発見!
鶴舞線の開業当初を知るオールドタイマーです。

ここから線路伝いに進んでみます。

100系113編成
地下から出たところで名鉄豊田線になりますが、
地下区間から通しで名鉄の車両が多いです。

3000系3116編成
ここでまた3000系ゲット!
少数派かと思ったら、まだそこそこの数残存しているようです。

N3000系N3102編成
さらに丘陵地帯を進みますと、
3000系の後を担うN3000系も登場です。
しかしN3000系は、この日、この編成しか現れませんでした。
増備開始が2011年で、その後1年に1編成ぐらいのペースでしか増えていないので、
この時点では少数派といえます。

100系116編成
さらに進むと日進駅を越しました。
さらに先へ路線伝いに進んでもよかったのですが、
この後別の駅での撮影もしたかったので、日進駅から列車に乗ってみることにしました。

3000系3110編成
すると、やってきた列車がこれまた3000系だったりします。
うれしいなぁ♪
重低音なモーターの唸りを聞きながら旅は続きます。
3000系目的で鶴舞線を訪れ、計3本の3000系に会えました。
収穫は上々です。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR