8月16日 トミカ博2015 その2

地元から近くなったトミカ博2015後半です。

本物のGTRなど
今回も本物の車が展示してありました。
今回は日産GTRとポルシェ911GT3です。

G・T・R!
そのそばにも壁画があります。

トミカルーレット
ここからはアトラクションです。
これはトミカルーレットです。
光ったトミカと同じトミカが止まればクリアです。

車庫入れゲーム
こちらは車庫入れゲーム。
ルールがうろ覚えですが、
2台ぐらい走らせて同じ色の場所に入ったらクリアだったような・・。

トミカピンボール
今年もありますトミカピンボール。
もちろん当たりゾーンを目指してトミカを打ちます。
トミカを発車するところは比較的力は弱くできているかと思います。
いくら亜鉛合金のダイキャストボディーでも、本当のピンボールぐらいの勢いで
押したらあらぬ方向に吹き飛びそうですからね(笑)

トミカ釣り
こちらは恒例のトミカ釣り。
近年、釣り竿からフックまでのひもの長さは短くなっているような気がします。
お子様にも楽しみやすいように改良されているかと思います。
そういえば、何年か前のトミカ博かプラレール博の釣りで、
管理人と他の方の釣り紐が絡まってしまったことありました。

スバル360など
今年の景品は恒例のスバル360と
トヨタダイナと車種は分かりませんがホイールローダーでしょうかね。

おおきなトミカ
今回は”乗ろうよ!大きなトミカ”も乗ってはいませんが撮ってみました。
ボディはボンネットバスですが、プラレール博の乗ろうよ~と構造は、まったく同じです。

なんだかすごいものが
何だかショーにすごいものが!!(実際に動きます)

エボルタ号が走る高架
エボルタ君のコーナーではエボルタ君が一生懸命
多段高架周回を走り回っていました。
今回のCMはエボルタの電池だけで模造電車を旧小坂鉄道の線路で走らせたものが
流れていました。
1.5V×999本で確かに約1500V出力できますね。

本当にリニア
そして、極めつけは、世界初という本当に浮くリニアモーターカーです。
名前を「リニアライナー」といいます。
何年も前にプラレールで車輪が透明な「リニアモーターカー」と発売していましたが、
本当に浮くとは技術も進歩しましたね。
しかし35000円という価格は管理人にはお高いので、
しばらくは見てるだけですかね。
(開発された方のサイトを拝見してみると、これでも結構価格は
抑えられているそうです。)
しかしレールもプラレール複線と同じくらい?のサイズなので、
もしかしたらプラレールにも組み込めるのでしょうか?

橋げたが・・・!?
さらに、橋げたはトミカシステムとほぼ同じものでした。
少なくともトミカシステムとのコラボはできそうです。
スケールスピードを表示してくれるステーションを取り外した状態でも
走れるみたいなので。

あれ、トミカ博ですよね?

かしめ中
今回、トミカ購入は販売コーナーと、このトミカ組み立て工場にて頂きました。
今回はロンドンバスを3台作ってもらいました。
ボール盤の操作が的確で鮮やかで素早くて、いつ拝見しても感心します。
余談ですが、このかしめ作業をしている方は、
どなたもちゃんと、かしめ作業ができるための資格か何かがあるようで、
名札にその旨が記載されていました。
ただ、「かしめ 資格」で検索したら配線圧着の方しか出てこないのですが・・・。

退場
そんなこんなで、楽しんだトミカ博もここまでです。
他にも用事がありましたので、少々早めに会場を後にしました。
出口が日の下でないイベントは久しぶりな気がします。
来年もまた楽しい企画と商品に期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR