8月16日 トミカ博2015 その1

いろいろあってブログ更新が追い付かず、
シルバーウィークも中京遠征に出かけていたりで、
すっかりネタ的に熟成された感のあるトミカ博ですが、今年の夏もしっかり
観覧して参りましたので、ご紹介いたします。

16日はお盆休みの最終日、
早速出かけました。
今年は会場がパシフィコ横浜と、例年の幕張に比べて格段に訪問しやすくなりました。

入り口
さぁ!入りますよ。

ポスター
今年のテーマは「トミカの工場に行こう!」
ということで、トミカの製造工程にまつわる展示がありました。
ちなみに本当のトミカの工場って・・・。

メッセージ?
まずは工場長を名乗るキャラクターがお出迎えです。
本当に工場見学の様な仕上がりです。

歴代トミカ
その前に歴代トミカの軽い展示です。
本当の工場でいったら現場に入る前の受付の様な感じですかね。

アクションギミック
こちらはアクションギミックを動かしてみよう
ということで、工事車両がボタン操作で動くようになっています。

タイヤ取り付け行程
ここは、よく見えませんが、トミカのホイール部分に、タイヤがぺたっと
くっつけられるようになっています。
トミカというより、実際の車の製造工程に似ています。

色をぬろうコーナー
こちらは色をぬろう!コーナーです。
クリアになったトミカの部分にボールを投げ入れて、
ボールで満たされることで色を塗られるように見立てています。
ただし、下から出てきてしまうので塗装は終わりません(笑)
プラレール博にあったSLへの投炭コーナーをうまくデフォルメしています。
実際の車は吹き付け塗装・・・とか突っ込んではいけませんねここでは(笑)

色違い
ちなみに青色の他、赤色もありました。

本当の組み立て工程紹介
ここには、本当に組み立て工程の紹介がありました。
よく考えれば、トミカも、ボディは吹き付け塗装で、パーツを合体(カシメ)後に走行試験をするわけですから、
あながち本当の車と行程がかけ離れているわけでもありません。
強いて言うなら下塗りのための浸漬塗装がないと思われるぐらいですかね?

トミカの壁画
出ました!トミカの壁画です。
4500台もそろえて、
よく長方形に仕上がったなと感じました。
ドットの様に見えるあたりペイントみたいです。

白いトミカシステム
最近発売のトミカシステムのイベント展示限定バージョンもありました。
白いと何だか独特です。居城の様です。

バックしています
たまにトミカがバック走行しているのはご愛嬌。

トミカヒストリー
こちらは本当に歴代のトミカがたくさんあります。
恐らく大半の車種が網羅されているかと思います。
メーカーの保存品はすごいですね。

大型レイアウト
最後に大型レイアウトです。
少々小ぶりですが、トミカシステムも加わって、従来より変化の付いたレイアウトになっています。
トミカシステムもプラレールの橋げたと互換性があるのであればもっと面白くなりそうですね。
同時に、往年のトミカランドみたいに短命に終わらないことを祈ります。

ここまでは展示中心ですが、まだまだ続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR