6月13日 逗子横須賀久里浜界隈撮り乗り鉄旅 その2

横須賀駅から自転車を走らせ、一路京急撮りに辺見駅まで向かいました。
生憎の工事中の駅・・・。

とりあえず乗車します。

新1000形1301編成
まずはステンレスの1000形がやってきました。
今まで赤一色だった京急もとうとう銀ぴか車両を・・・。と、ファンを驚愕させてから久しいです。

堀之内駅の分岐側
その足で横須賀中央駅での駅メロ録音のあと、
堀之内駅に向かいました。
ここから久里浜線に乗っていきます。
丁度ポイントのメンテナンス中で、手動でポイントを切りかえる珍しい風景を堪能できました。

京急久里浜線車窓
久里浜線に乗車します。まずはカーブが続きます。

京急久里浜線車窓
次いで丘の間を通ったりします。
この時点で三浦半島のかなり南の方まで来ているのですが、
起伏が激しいのは相変わらずです。

京急久里浜線車窓
途中では京急ファインテック久里浜事業所の間を通っていきます。
見た限りでは休憩中の車両のみで、車庫の片隅の引退した車両はここからは見えませんでしたね。

京急久里浜線車窓
京急久里浜駅では、なぜか鳴動が早い「秋桜」を結局フルコーラスクリアで録音できないまま出発しました。
とうとう単線になります。思えば京急で単線が残っているのは久里浜線だけです。

京急久里浜線車窓
トンネルを抜けると左カーブ。内陸風の風景が広がります。

京急久里浜線車窓
起伏が激しいだけあって、盛り土区間や

京急久里浜線車窓
高架があったりします。

京急久里浜線車窓
三浦海岸駅付近ではマンション等が並ぶ風景を眺め、

京急久里浜線車窓
高い橋梁を渡ったら終点三崎口です。
周辺も開けた風景で、いよいよ三浦半島の最果てまで来た感があります。

三崎口駅
しかし、駅を降りると、この終端部です。
延伸を考えてその先にもトンネルがありますが、油壺への延伸は、
保護地区に指定されている小網代の森を突っ切る必要があり、実質的には不可能です。
この中途半端で、どうせなら延伸してほしいと感じる光景は何だかもどかしいです。
むしろ油壺よりも、小網代の森を東に迂回する形で城ケ島付近まで延伸したら便利でしょうね。

三崎口駅
駅メロ収録後に、駅から出てみました。

ここから先は、再び沿線を自転車で走って駅撮りです。
京急2路線目の制覇を目指します。

まだ続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR