5月2日 宮ヶ瀬-鳥沢の2鉄旅 前半新多摩線

天気に恵まれたゴールデンウィークサタデーの2日

プラ太郎は、山奥のドでかい鉄塔を目指して、かなちゅうバスで宮ヶ瀬まで行きました。
66kVで千葉へ行こうプロジェクトがひと段落した後のテーマの1つとして、
「辿りかけで終わっている送電線を撮ろう!」と題して、あちこちにある中途半端に
辿ったままの送電線をめぐっていきます。
その第1弾として、数年前からほったらかしだった、新多摩線の撮影に出かけました。
バスを降りて、しばらく行くと林道の入り口がありました。しかし関係車両立ち入り禁止!?
ここからJR中央本線交差あたりまでの新多摩線は近くに道路が多いと
自転車持ってきてしまったので早くもピンチ!?と思いましたが、通りかかった人によると
徒歩は大丈夫とのこと。じゃあ自転車も大丈夫ですよね?あくまで「軽車両」ですし。

というわけで、林道を安全速度で突っ走ります。

新多摩線34号
見えてきました、宮ヶ瀬丹沢の王者、といったところでしょうか。
林道はまだまだ続きます。

新多摩線32号
大きな鉄塔がものすごい高低差を進んでいきます。
途中、橋を渡る手前で林道が分岐していましたが、
渡らない方の道を行けば、新多摩線の若番の鉄塔に会えるはず!
前回は28号ぐらいまで撮っているはずなので。

新多摩線29号
バードウォッチングしている人たちを横目に自転車を走らせると、
開けたところから、低い場所の鉄塔が見えました。
この2基老番側の鉄塔が31号のようなので、
この鉄塔は29号、つまりその先の山の上は28号。
何とかつながりました。

ここから橋のあったところまで道を戻り、林道にしては贅沢なトラス橋を渡ると、
林道ではない、一般の道に合流しました。
ここからは楽に進めそうです。

新多摩線37号
その道の近くに新多摩線が通っています。ありがたや~。
その先へ進むと、集落に入ったところで、新多摩線は山の彼方へ・・・。
その代り、佐久間東幹線の鉄塔が見えてきました。
これはチャンス!なぜなら佐久間東幹線のこの辺りの鉄塔の下は
やたらきれいに伐採されていますから、そこから見通せるだろうと思ったのです。

というわけで神社の境内経由で、近くにあった佐久間東幹線379号の根元へ向かいます。

佐久間東幹線378号
ビンゴ!素晴らしい眺望で、鉄塔周辺から新多摩線の前後区間を見渡せました。
老番側をみると、42号にあたる鉄塔まで見えました。
それにしても佐久間東幹線が小さく見えます・・・。
そして378号は何気に捻架しています。

来た道を戻って、津久井方面に続く道路を進みました。
リニア基地反対のスローガンを見ながら

新多摩線41号
新多摩線41号に近づきました。
この鉄塔、道路からすぐの場所にある、お手軽鉄塔でした。

実は42号の方へも巡視路が続いていましたが、今回は接近を遠慮しました。
自転車で来た、というよりも丹沢のヒル対策全然してなかったですかね・・・。
なので、その道をずーっと進み、道志道に合流したところで右に曲がります。

新多摩線44号
すると新多摩線の鉄塔がまた見えてきます。
若番側の鉄塔が全部撮れていたことも、付近の鉄塔の番号から推測できました。
この日の目標は八ッ沢線と交差する付近までなので、あと少しです。

新多摩線48号
さて、この先川を渡って再び山の中に行ってしまった新多摩線。
どうして撮ろう・・・なんて心配は無用です。鉄塔は大きかったので、眺望には困らないです。
ただし、撮影スペースが狭い道路際だったので、ドライバーからちょっとひんしゅく買いました・・・。

ここからさらに里へ降りて、都留線の大正お古の健在ぶりを確認してから、
西側へ渡ります。すると、桂川を渡った先に新多摩線の鉄塔が見えてきます。

新多摩線53号
見上げて大きな53号です。
八ッ沢線と並走していた桂川線を支えていたお名残り腕金は、まだ健在でした。
こういった巨大鉄塔に残った腕金って、関東では撤去されない傾向があるようですね。

大体この辺りでお昼時です。
近くに合った旧谷村線の鉄塔の下で休憩しようかと思ったのですが、
適当な鉄塔がなかったのでとりあえず新多摩線54号付近の道路際で休憩しました。

新多摩線59号
休憩を終えてから、尾根伝いに続く鉄塔を見上げて撮影します。
結構遠くまで見渡すことができ、65号と見られる鉄塔まで撮ることができました。

全部で約90基だという新多摩線は、もうあと1回ぐらいで辿りきれそうなところまで来ました。
まだ半日ぐらいありましたから、さらに先に進んでも良かったのですが、
ここからは本格的に山の中に入っていき、並走道路もなさそうな場所を進みます。
なので、この日は新多摩線は無理せずここまでにして、相模湖駅から猿橋駅まで中央線に乗り、
その数キロ南側を走る都留線の続きを撮りに行こうとして、時間の関係で挫折したところで
この日の鉄塔撮影は終了しました。ほんの少しですが、後半の鉄道編に続くのです。

後半へ続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR