4月29日 プラレール博2015 その2

プラレール博後半です。

巨大レイアウト
今年もありました、巨大レイアウト。
相変わらずの周回レイアウトが無数に連なった構成は変わりません。
ただし、レイアウトスペースの一部がへこんだ形状となっており、
お客さんが中の方まで入れるので、観察できるラインの長さは長くなっています。

案内表示
案内表示がところどころありますが、どことなく欧風に感じる
しゃれた案内です。

でかてっちゃん
今年のでかてっちゃんはプレイチケット売り場の隣にいました。
T君の色違い・・・って気にした大人は負けですね(笑)

今年もアトラクションがいろいろありました。
代表的なものは・・・
プラレールビンゴ
まずプラレールビンゴ。
「プラレールを3つ同じ色で揃える」系は、プラレールスロットなんかもありますが、
今年は、ボックスから取り出した車両が揃ったら、というタイプです。

プラレールあみだくじ
プラレールあみだくじはその名の通りです。
レールが隠れた部分にも、自動ターンアウトレールや自動ポイントレールが
仕込まれているようです。隙間から覗いてはいけません。
管理人はゲーム自体よりレール隠しの上に立っている無数の木が気になります。

車庫入れゲーム
これは車庫入れゲームも銘打っていますが実質的にはルーレットです。
車庫の絵柄に車両が入ればあたりです。
ルーレットの回転速度自体はそんなに早くなく、コースも全体を見通せるので、
できる人はすんなりできるゲームかと。

プラレール釣り動力車
プラレール釣りは新作の車両も入っていました。
何だか台湾国鉄の太魯閣(タロコ)号に似た車両がいるような・・・。

プラレール釣り中間・後尾車
釣りの中間車も同じく。
数年前に入手したオレンジ電車もまだ健在の様です。
ただ、限定品ですから、数年後にはまた姿を消すのでしょう。
以前見かけたリニアモーターカータイプの車両がないですから。

出口
というわけで、駆け足でしたがプラレール博2015を堪能致しました。
管理人一人で行くとどうしても大人目線で語ってしまいがちなのですが、
いつの時代も子供たちの心をがっちりつかんでいるプラレールの
年に一度の祭典は、これからも続いてほしいです。
ただ、もう少し都心に近い場所がいいような・・・。

サンシャインシティで開催されていたころを懐かしみながら
この日は帰路につきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR