1月31日 三郷中央-白井 いよいよ千葉入り鉄塔ツアー その3

JFE松戸線を辿り終えましたら、
メインの東葛高柳線の続きを辿っていきます。

東葛高柳線28号
しばらくは住宅街が続きます。

東葛高柳線29号
そして、お昼を回るころに、丘陵な風景になっていきました。
千葉県北部は、神奈川県みたいな丘陵地帯、というイメージがあるのですが、
だんだんそれっぽい雰囲気になってきました。

途中でJR武蔵野線を跨ぎました。
またです・・・。列車から見えた丘陵の鉄塔が東葛高柳線であったと、
またまた感慨深げになります。

東葛高柳線36号
36号で分岐です。

小金線1号
分岐していたのは小金線です。小金はつまり北小金駅の
名前のルーツですね。そういえば小金駅はないですね。
2基で小金変電所に接続していました。
小金線・・・とくれば、栃木県を走るJR烏山線の
大金駅周辺に大金線がないか気になってきます(笑)。

東葛線高柳線40号
その先では、道路にそって進む区間となります。これがあると基数の割に
撮影がさくさく進むので助かります。

東葛高柳線42号
そしてまた分岐です。東葛高柳線の先がとにかく気になるので、
あまり分岐線は避けたいところです。
まあ辿るのですが、

松戸線3号
分岐線は松戸線と言いました。3号がジャミラ形です。
松戸線ってJR武蔵野線から見えた鉄塔ですよ。
列車から丘陵の向こう側に見えたジャミラ鉄塔の電源が東葛高柳線
だったと、またまた(以下略)。

松戸線7号
その先で丘陵を登り、畑地帯を進むと、その先がやたら市街地です。
ここから道路の真ん中を進んでいくのですが、

松戸線8号
ええなんと、ジャミラもあるお古鉄塔の連続なのです。
昭和42年のジャミラ形では新しい部類に入る鉄塔ですが、
大好きなこの形の鉄塔がたくさんあるのはうれしいことです。

松戸線12号
そんなこんなで15基まで続いていた松戸線です。
最終鉄塔1基手前の14号がカッコよかったのですが、
行き帰りで撮った2枚のうちカッコイイ側と思った若番側からの画像はぼけていました・・・。

松戸変電所
そして終点の松戸変電所はささやかな配電変電所でした。
横を通る道の先をみると、松戸の中心街らしきビル街が・・・。

さあ東葛高柳線に戻ります。

東葛高柳線46号
その先も道路の真ん中を進みます。起伏がすごいです。

東葛高柳線51号
そして、道路真ん中の区間を抜けると、住宅街に入って行きました。
おおむねイメージ通りの風景です。

そして、あたりの風景がだんだん長閑になっていくのですが
別の送電線とここで交差

東葛高柳線60号
そこがダブルドナウの面白い鉄塔です。
上を通過している154kV線の名前は確認しなかったのですが、
おそらくネットにある下葛線という送電線ではないかと・・・。
63基で終わると思い込んでいた東葛高柳線は、もうちょっと続きました。

東葛高柳線63号
途中には紅白も。
そして、東武野田線、高柳駅が近づくと、
東葛高柳線の終点である高柳開閉所が見えてきます。
この送電線の終点といえばこれです。

東葛高柳線68号
高柳開閉所名物の引きとめ3兄弟です。目立ちすぎです。
以前は東葛高柳線がその先まで1つの送電線だったところに
66kV線が交差していた地点にできた高柳開閉所ですが、
ネットでは「鎧武者」ともたとえられる鉄塔を3基寄せて立てているのがすごいです。
東葛高柳線自体は、地中にいきなり潜るというあっけない終わり方ですが、
鉄塔が全然あっけなくないです。

というわけで、東葛高柳線も無事撮影できましたので、
しばらく休憩後、続きと参ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR