1月31日 三郷中央-白井 いよいよ千葉入り鉄塔ツアー その2

流山セントラルパーク駅で下りて、
付近の送電線を辿ってみます。

東葛線30号
あったのは東葛線です。
え?花葛線じゃないのかって?こことは別の場所です。
この鉄塔はほどなくして変電所に行くので、まずはそこを目指します。

7基ほど辿っていくと、
東葛線は東葛変電所に到達しました。

東葛変電所
東葛線が電源の大きな変電所です。
66kVで千葉へ行こうツアーの実質上の起点となった橋本変電所と比べると、
こちらの方がややこじんまりとした印象です。
もちろん、鉄構丸出しの、ものものしいスタイルで、変電所らしい素晴らしい風格です。

そして、この変電所の名物といえば・・・

東葛高柳線と田中線と我孫子線と流山線
これです。この鉄塔5基並び。壮観です。
このうち、手前の2基が、ここから辿る「東葛高柳線」の始発兄弟鉄塔です。
え、花葛線はどうしたのかって?
実は、花葛線は、この東葛高柳線の途中に合流する形をとっています。
なので、この送電線をここから辿らないと、66kVで千葉までつながりません。
というわけで、東葛高柳線の旅が始まります。

東葛高柳線5号
しばらくは、坂川に沿って進んでいきます。

東葛線9号
しばらくは、段丘に挟まれた田園地帯ですが、
だんだん住宅街となっていきます。

東葛線14号
東葛高柳線も14号まで来ると、鉄道を跨ぎます。
はて?このあたりに単線の路線なんてありましたっけ?
近くに駅があったので、そこによってから踏切を渡ると、
丁度列車が来ました。

流鉄5000系わかば編成
来た列車は、緑色にラッピングされた西武鉄道
・・・ではなく、流鉄でした。
流鉄は、車両が全部西武のお下がりで統一されていることで有名です。
編成ごとに色が違うのも見逃せません。いつかまた撮りに来ますかね!

東葛線17号
さて、東葛高柳線ですが、ほどなくしてJR武蔵野線を跨ぎます。
南流山駅付近で見えたV吊り鉄塔は東葛高柳線だったのか・・・と
感慨深げにガードを潜りますと、

東葛線19号
今度はなんか後ろに無数の鉄塔が・・・。
実際は花葛線の合流鉄塔まで6基程度でしたが、
結構距離感を感じました。

東葛線24号
そしてやっとこの鉄塔に到達です。
この鉄塔の右側からつながっている送電線こそ、花葛線です。
右に進み、いよいよつなげます。

花葛線50号
花葛線の末端区間、実は送電停止中で、しかも東葛高柳線24号を含め
3か所ぐらいで切れています。だから河川横断の鉄塔も古かったのでしょうか・・・。

泣きそうなぐらい風が強かったです。この日は。
そして46号を撮って、この時点で花葛線を全基撮影。

花葛線45号
土手の下から、先ほどは遠くから遠望だった45号を撮影。

花葛線44号
そして、土手に登り、44号を遠望。
花葛線の撮影が終わった瞬間。それは、本格的に
千葉まで辿った送電線がつながった瞬間です。
千葉へ行こう鉄塔ツアーは、大きな通過点を超えました。

東葛高柳線24号に戻り、今度は奥の方に続いていた送電線を辿ります。

六和線2号
続いていたのは六和線です。
結構短い送電線なのですぐ終わります。

六和線6号
そして、まさかの6基終わり。六和で6基。
これは偶然なのか狙ったのか・・・。
しかし、まだ奥に鉄塔があります。

JFE松戸線1号
JFE松戸線です。
・・・さっきもJFEがつく送電線ありましたね。
1日で同じ企業の名前が入った送電線を2つ辿るのは初めてです。
しかし、JFE松戸線は、現在使われていないようで・・・。

JFE松戸線5号
こんな感じで、結構レトロに見える鉄塔が続きます。
昭和40年の鉄塔ですが、戦前の鉄塔にも見えそうなレトロ感がたまらないです。

しばらくは、商店街を延々直進していましたが、

8基を数えると2回連続の直角カーブ。

JFE松戸線10号
最終10号に到達です。
しかし、電線はどこにもつながっていないのです。

JFE松戸線10号
工場撤退で使われなくなった送電線はみてきた中では、日本電池線があり、
台町日野線も工場移転でそのような状態になりそうです。

そんな中、先行きの分からなくなったこの鉄塔には、哀愁が漂います。
役目を終えたもの、というのは物悲しく、それは鉄塔も同じです。

なにはともあれ、貴重な1回線鉄塔を撮れたのですから、満足です。
この後は、引き続き、東葛高柳線の続きと参ります。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR