1月25日 4周回な贅沢Nゲージ

25日

前日の土曜出勤で1連休(連休じゃない)
となった日曜日を存分に味わうべく、ここ最近でやりたかった
Nゲージをここぞとばかりに広げてみました。
結果は、プラレールレイアウトを作るとき並みの大きなレイアウトになりました。

Nゲージの贅沢なレイアウト
レイアウトは、
TOMIXのレールで組んだ車庫つきの複線周回の内側に、
KATOの複線プレート線路で組んだ複線周回が入るもので、
最大4本の列車を同時に走行させられます。
そういえばプラレールのときはよくやっていた
走行風景をつなげた動画・・・Nゲージでは全然やってないです。
今回も・・・。

Nゲージの贅沢なレイアウト
内側のKATOの周回は、片方だけTOMIXの電源を使わなければ
ならないので、そこだけTOMIXのレールとバリアフリーレールという
長さ調節ができるレールを組み込んでいます。
昨年の譲り受けNゲージのレールの中に入っていたバリアフリーレール、
レールもKATO・TOMIXまぜこぜのプラ太郎にとっては重宝しています。

Nゲージの贅沢なレイアウト
内外の複線周回をつなぐ連絡線は、1月2日に
試していた方法を使いました。
すなわち、完全選択式ポイントを挟んで、切り替えた方向からの電気のみを供給し、
その反対側の電気はプラスもマイナスも完全シャットアウトすることで、
電気的なショートなどを心配せず、車両のやりくりができます。
ただし、KATOのダブルクロスレールは、TOMIXのダブルクロスと
レール上の絶縁部分(ギャップ)の設け方が違うようで、
斜め方向に切り替えた状態で両方の電源を通電すると
変な音がしたので、やむなく手動にも頼ることにしました。
電源に内蔵されているトランジスタが壊れたら修理が大変ですからね・・・。

Nゲージの贅沢なレイアウト
駅はこのように、設けてました。
KATOの大きな駅のそばにTOMIXの小さな駅。
どこかの幹線と地方私鉄の接続駅みたいです。
しかしこの日、TOMIXの線路は、EF66が客車を引いて
堂々の快走をしました。

Nゲージの贅沢なレイアウト
以外に苦労したのがここです。
レイアウト内側への電源コードの引きいれは、
そのままブロック橋げたを入れても、橋げたが倒れてしまうのです。
悩んだ結果、ニュー大鉄橋で抑えることで一応は解決しました。
こんなところにもプラレールが役立ちます。

Nゲージの贅沢なレイアウト
動画は撮りませんでしたが、
デビューした箱根登山電車もしっかり走らせました。
ジャンク品とは思えないような快調な走りを見せてくれました。

Nゲージの贅沢なレイアウト
さらに、今まであまり出番のなかった旧型客車も登場しました。
譲り受け客車と自分で集めた客車は、合わせて27両にまで達していました。
この客車、実物音声をすでに持ち合わせている形式に牽かせました。
すると何になったかというと、

Nゲージの贅沢なレイアウト
あろうことかEF66-100番台になるのです。
この機関車が旧型客車を牽引したことがいまだかつてあったでしょうか?
というわけで、模型でしか楽しめない編成も存分に味わいました。

そして、後日、この日撮影した映像で動画も作りました。

Nゲージ仮想列車~台湾並みの詰め込み貨物
Nゲージ仮想列車~EF66-0番台旧型客車12両牽引
Nゲージ仮想列車~EF66-100番台旧型客車10両牽引
Nゲージ仮想列車~EF210チキ7000柵柱なし10両牽引
Nゲージ仮想列車~駅メロが違う横浜線
怒涛の5本UPです。最近の動画作成が練習になって、
そこそこ腕も上がってきた感じがしますが、まだまだですかね。
ひとまず、Nゲージでいろいろな動画を作って見てもらいたいという感情を
爆発させたような、
この日のレイアウトでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR