8月16日 トミカ博&秋葉原のお土産

手に入れたもの一覧
トミカ博と秋葉原、そして横浜でもお買い物をしたので、
ご紹介いたします。

TDMスカイダッシュレッド
トミカ博の入場記念品、「TDMスカイダッシュレッド」です。
左右のウィングは収納でき、引っ張って引き出すことが出来ます。
本当にこんなのが飛んでいたらさぞかしびっくりすることでしょう・・・。
でも、空を飛ぶのは、技術の進歩によっては実現不可能ではないかもしれませんね。

日野デュトロクレーン付きトラック×2
こちらはデュトロのクレーントラックです。
どちらもゲームの参加賞ですが、水色はトミカ釣りの景品なので箱なしです。
一気に2種類をゲットできました。
市販で初回特別カラーは出なかったこの車ですが、
バリエーションはそこそこあるようですね。

トヨタFJクルーザー×3
今年のトミカ組立工場はトヨタFJクルーザーをチョイス。
ボディのカラーラインナップと風ぼう(中のガラス)の
カラーが微妙に一致しておらず、組み合わせに少々迷いました。
結果として、青ボディのトミカには緑のガラスをつけてもらいました。

ワム60000事業用車仕様
こちらは秋葉原にて見つけたワム60000形。
配給車代用の白帯付き仕様です。
昔の貨物列車の映像や再現を見てみると、こういった白帯貨車が
1~3両ぐらい混じっていることが結構あったようですね。
ちなみにワム60000、まだ通常仕様は持ってないです。。。

コキ50000・250000
最後は横浜にて見つけたコキ50000とコキ250000形です。
一番上がコキ250000で、実車はブレーキ改造で100km/hに対応したので
識別で色が変わった姿を再現されています。
今回のものは現行品とは車体番号が異なります。
後はコキ50000ですが、現代貨物列車を再現するのに数が足りないので、
JR初期まで見られた黒台車仕様もあります。
現代のコキ50000形はみんなグレー台車ですが、
同じ製品も用いないで20両集めるとなると、
このくらいの違いは目をつぶるしかないですね。

以上、トミカとNゲージなお買い物でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR