7月21日 連休コンテナ貨物列車追っかけ旅 その2

連休3日目も貨物列車を追いかけて朝から繰り出しました。
この日は自宅を出る時間を早めて、次の日が仕事ながら、
蘇我まで行くことが出来ました。

まずは八王子
EH200-13
相変わらずのタキ1000王国でした。
僕が撮影したタキ1000は撮影地が八王子である車両がかなりを占めています。
とりあえずは、さいたま新都心へ、
何回も行っているので、列車到着時のアナウンスが妙に耳に残っています。
コキ104-688
しかし、期待を裏切らない新都心。
到着早々ほぼ満載のコンテナ貨物がいました。
通過も多いものの、信号場の役目も果たしている操車場は
停車してくれる列車が多いです。そしていろんな列車が通ります。

EF210-172
先頭の桃太郎もパチリ。
機関車って両数の割にあまり重複撮影となっていないことがいまだに多いです。
やはり全国に散らばっているからでしょうか・・・。
一方タキ1000の方は番号かぶりがかなり出ています。
結構、運用されている線区が限られているようですね。

EF210-151
しかし、止まってくれない列車もあるわけで…。
そんな時はせめてもと中間にカメラを向けて、走行中のコンテナも何とか撮ります。
一応全貨車撮影も目指してい見たいところなので、こうでもしないと集まりませんから。

タキ43266
ここで、結構おいしい列車が来ました。
タキ43000形を従えた貨物です。
なんだかタキ43000形は久々です。
コキ50000同様減少傾向にある国鉄時代からのタンク車です。
しかし、やっぱりタンクの形がタキ1000とそっくりなので、あまり古く見えないです。
古い貨車なのにエコレールマーク貼られてますし。

E233系ウラ107編成
もちろん電車も撮ります!何気にE233系も全編成撮影できた路線がないですから。

ここで、またまたおいしい列車がやってきました。

EF500-16
金太郎ですが、貨車は全部コキ50000形です!
これはうれしいです。一気に20両ものコキ50000を撮ることが出来ました。

コキ53069
しかし・・・コキ50000形で統一されていると、これまた
古さを感じないものです。台枠がコキ104形などより高く、
茶色いその雄姿は、コキ100系と一緒になって比べられてこそ
その風格を増すような気がします。ま、統一された編成も少なくなるでしょうから、
文句はあまりないですが、

コキ51424
さらに、この編成何がすごいかって、コキ51424号がつながっていたことです。
この51424号は黒台車を履いていた国鉄時代にTOMIXが模型化した車両です。
無数に存在する貨車から、模型化された車両に会えたことはうれしいです。
だって持ってますから、模型の51424号。

この編成は20両すべてコキ50000形だっただけでなく、
コンテナも満載で全部紫色だったので、妙に統一感がありました。
こういう統一感もまた、国鉄時代にはあまりなかったであろう、美しさといいましょうか。
まあ管理人はJR世代なのですが・・・。

こうして、大収穫に満足しながら蘇我に向かいました。
しかし、蘇我駅もすごかったのです。

タキ43190
停まっていたタンク車がこれまたタキ43000形。
これだけでもうれしいのに・・・、

タキ43000
なななんと、タキ43000形のトップナンバー
43000号がいたのです!
これは、この日一番の収穫といっていいでしょうか。
無数に存在する貨車の、最初の車両に会えること、
それも奇跡に近いことです。
色褪せが気になるところですが、末永い活躍も期待できそうです。
だってエコレールマーク・・・。

EF210-105
そのうちに桃太郎がやってきました
やった!コンテナ車いっぱい!しかし、1編成中コンテナが6個だけとは・・・。
休日とはいえ少なすぎるような・・・。
今度はスカスカのコンテナ車を大量ゲットです。

タキ143645
最後は最後尾につながっていたこれもたった1両だけの超珍車、
アルミ車体のタキ143645もゲットできました!
しかし、こちらもわかる人は遭遇率が高いそうで・・・。

というわけでこの日の撮影はお宝ザックザクといわんばかりの成果で幕を閉じました。
日本の物流を支える貨物列車も、だいぶ撮影枚数が充実してきました。
これからも、どんどん撮影率を増やしていきたいと思います。
ひとまずは貨物列車のHP増量が楽しみになってきたところで、
京葉線に乗って帰路につきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR