5月14日 金子-小平 豊昭線のための鉄塔旅 その4

拝島変電所に到達したらお次は拝島線です。
拝島線70号
目の前にあるちょっとレトロな鉄塔。
さあ行くぞと意気込んだ管理人の目に入ったのは
70という怒涛の数。え・・・いまから完走できるのかしら・・・。
下を走る西武拝島線の前面車窓撮影は時間の関係上あきらめかけていたのですが、
ここまで来たら拝島線は完走したいものです。

拝島線67号
拝島線は門型鉄塔で有名な送電線です。
特にこの形はかわいいです。猫耳!
癒しの2回線鉄塔です。
いやしとは正反対に、西武の黄色い電車(2000系)は轟音を立てて走っていきます。

拝島線58号
門型鉄塔だけでなく、架線柱と一体化した普通型の鉄塔なんかもあります。
そして、東電の札の建設年と西武の札の建設年が
昭和41年と昭和43年と、微妙にずれいるのも興味深いです。

拝島線57-1号
しばらく進むと鉄塔を2基くっつけたような鉄塔もあります。
こんな形をしているのは分岐があるからなのですが、
分岐先のプレートを見てみると、「1番」と回線番号が書かれているだけでした。
つまり、行先を書いたらまずいようなばしょにつながっているということです。
だいたい想像はつきますが、ここでは伏せておくことにします・・・。

しばらく進むと、西武立川駅を超えた先に豊昭線が見えてきました。
また会いましたよ。
拝島線52号
おお、この光景は
豊昭線を最初に辿ったときに撮影した風景です。
あれから3年・・・ほとんど変わっていないです。
豊昭線50号と拝島線50号が近接していたことも意外でした。
ちなみに豊昭線の紅白50号は70Mでした。50Mではないようで(笑)

村山線23号
さらに、豊昭線から拝島線に下段の村山線が入ってきます。
拝島線としばらく併架で進みますが、しばらくすると
線路を挟んだ独立鉄塔になります。
なかなか珍しい光景です。

村山線16号
しかし・・・その村山線は西武砂川駅を超えた少し先で地下に潜るのです。
拝島線も一緒に潜らないの?とも思ったりしますが、
建設年が違うのでしょう。拝島線は昭和41年建設で、
何気に50年近くたっているわけで・・・。

35号
そして、来ました!拝島線のメインといえばこの低い門型鉄塔です!
背後に連なる様子がわかります。線路の上をずーっと直線に進む
その姿が、拝島線を有名にしています。
まあ、同じ鉄塔の連続で退屈という声もあるようですが。

28号
鉄道架線に合わせて建てられているので、間隔も短く、
その上、道路も並走していますから、
この門型鉄塔区間は、次の鉄塔まで1分とかかりません。

35号だった村山線16号付近から、連続門型鉄塔区間で
20号近くまで進みました。

23号
振り返ったときもすごいです。
逆光で連なる鉄塔が強調されます。
退屈かどうかはともかく、貴重な門型鉄塔ですから、
訪問できてうれしいです。

村山線15号
村山線がここで地上に出てきました!
少しだけたどってみたのですが、大学らしき施設に阻まれたので、
続きはまたの機会に・・・。

拝島線16号
線路際に見えた変電所を撮影してから玉川上水駅を超えてその先へ!

西武玉川上水検車区
そこは西武鉄道の車庫でした。
ファン必見の黄色い電車がたくさん停まっています。
管理人は最近、青春鉄道の影響で、西武の黄色い電車を見ると、
「会長の車両」とか想像しています(笑)

拝島線8号
そして拝島線はいよいよ一けたに!

拝島線6号
東大和市駅を通過し、いよいよ終点の変電所が見えてきました!

拝島線2号
番号の割にあっという間だった拝島線、ついに終点です。
2号で終了でした。

多摩変電所
ここは多摩変電所です。只見幹線から分岐の大きな変電所です。
ここに発着する「国分寺線」は、66kVで千葉へ行こうルートに
含まれているので、近いうちに撮影予定です。

ひとまず、目標であった拝島線を走破し、
次は国分寺線をたどっての再開を目指して、
最後は新小平駅まで、西武の駅を撮影して帰りました。

そして、その駅の写真データが後日行方不明になるという悲劇がまっていたのでした(泣)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hpの方

15号と16号が同じ画像なのですが...

No title

ご指摘ありがとうございます!
即刻修正致しました。
(15号の画像が誤って16号の画像になっておりました)
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR