5月4日 大回り房総半島1周旅

ゴールデンウィークも終わりが近づいていたこの日、
プラ太郎はいつもの友達君とJR大回りの旅に出かけました。
今回は、
プラ太郎「臨時列車ってどんな列車?」
友達君「えーと、ニューなのはな」
プラ太郎「うぉーこれはぜひ撮りたい!前回撮ったときはデータが吹き飛んだからね!」
友達君「そうなんだ・・・」
209系マリC607編成
というわけで、房総半島を一周するたびに出かけました。
乗るのはもちろん209系。
景色は全線を通して素晴らしのですが、やはり113系での旅が叶わなかったのは
ちょっと心残りです。

内房線車窓
この日の天気はほぼ晴れ!

内房線車窓
しばらく走ると海が見えてきました。

内房線車窓
のどかで癒されます。

内房線車窓
こんなに海が近い場所も。
内房線は最高です。
プラ太郎「いいでしょ!この風景」
友達君「確かに、いいなこれ」
2人で房総の海を車窓から満喫です。

内房線車窓
そのうちに久里浜方面と思しき場所も見えました。
だって久里浜にはたくさんのボイラーと鉄塔を従えたあれがありますから。

浜金谷駅
そのうちに浜金谷駅到着。
もう、横須賀から東京湾を跨いで反対側です。
距離的にはさほど離れていないのに、海1つ隔てた町は別世界です。

内房線車窓
漁港みたいな場所もあったり

内房線車窓

内房線車窓
だんだんと太平洋側に回っていくと、家越しの、これまた違った風景を楽しむことが出来ました。

内房線車窓
そうこうして、走ること数時間。
お目当てのニューなのはなとすれ違う頃でしたが、
駅で列車交換の時に撮ろうと2人とも思いましたが、

内房線車窓
おーのー
こちらがニューなのはなを待たせていたので、本命はすでに止まっていたのです。
側面しか撮れず・・・。

内房線車窓
せっかくなのでお顔だけでも。
このみずみずしい車体カラーはいいですね~。
本命は逃しましたが、安房鴨川駅には
特急わかしおが止まっていました。
しかし、この列車は途中まで普通列車扱いなので大回り乗車でも乗れます。
すなわち、

E257系車内
E257系の内装を拝むことができました!
これが一番の収穫でしょうか。

ここから先は、大網・成東・佐倉経由で千葉駅まで行き、そこから中央総武緩行線で西へ
向かいました。そして帰路につきました。

友達君は結構満足していていた様子で、
充実した1日となりました。

~おまけ~
虹がでていました
総武緩行線で虹っぽいものがでていました。
虹より珍しい環頂天アークというものでしょうか?
これも収穫です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR