5月3日 長沼線~秋留線 八王子北上鉄塔ツアー その3

八王子変電所から少し戻り、分岐線撮影です。

八王子連絡線13号
線名はネットで事前にわかっていましたが、この先の鉄塔にて一応の確認。
「八王子連絡線」です。これまた意味深な名前です。
送電停止中の連絡線は大概、興味深い歴史を持っていることが多いですから、
66kV送電線が変貌多き線であることがよくわかります。

八王子連絡線9号
八王子連絡線は市街地を通っていきます。
なので撮りやすいです。普通に常時送電状態の鉄塔と見た目はそん色ないです。
ルートとしては、配電変電所向けの送電線同士を短絡していますから、
予備送電線の中でも結構重要なのではないでしょうか。

八王子連絡線7号
市街地から、だんだんと山間部へ、徐々に長閑な風景になっていきます。
鉄塔はそんなに古くないですが、建設年は昭和47年。
八王子線の最終18号と同時期・・・!?

八王子連絡線4号
そして山の上へ。
4号は近づけないようですが、
その先の2号1号は楽に接近できました。
特に2号鉄塔なんて道路から40Mぐらいしかなかったですからね・・・。
その先に1号鉄塔もあったのですが、巡視路があと少し先にあることに気づかず、
また戻ってふもとの道路を走って別ルートで上ったのでした。
しかも2号鉄塔付近で危うく自転車の鍵をなくしかけてひやひや。

八王子連絡線1号
1号鉄塔はふもとの木々が切られていてよく見えました。
基数の割に、山を通る割に、八王子連絡線は結構なお手軽路線でした。

犬目線1号
さて、そんな八王子連絡線の分岐元の鉄塔に行きます。
その名は「犬目線」です。最初に名前を知ったときは「いぬもく」と呼んでいましたけど、
正しくは「いぬめ」だそうで。

犬目線3号
そんな犬目線ですが、通過場所は深い森の中、近づいてもろくに鉄塔が
見えやしません。そして、その先で深い谷超え。
続きの鉄塔を探すのに苦労しました。
ルートとしては、4号鉄塔近くの道を下ればよいのですが、
それを知らずに、下って登って、東京西線の方に迷い込み、
また来て下ったわけです。

犬目線5号
下ってようやく先の鉄塔が見えました。
再び谷超えですが、
最終鉄塔まではここから難なく行くことが出来ました。
大迂回でしたけど・・・。

そこそこの幅の道を通り、変電所というバス停からからかなり離れたところに終点発見。

犬目変電所
犬目変電所です。屋外型の、小さな変電所です。
そして犬目線最終鉄塔は7号。
八王子連絡線のおよそ2分の1の基数の送電線は、
八王子連絡線の倍以上の難易度なのでした。

秋留線13号
まだもうちょっと時間があったので、犬目線の分岐元もたどってみることにしました。
分岐元は「秋留線」。下段に青梅南多摩線という送電線を抱えていますが、
これ、ネットの情報と線名が違います。
おそらく、ここ近年で送電網に変化があったようです。
付近では古い275kV青梅線が一部廃線になったしているようで。

秋留線14号
たどれるところまで行ってみます。
しかし暗い!もう終わりの時間ですね。

秋留線17号
何とか17号までたどり着きました。ここで終了です。
近くに鉄道駅のない、本当に中途半端な場所で終わってしまいました。
この秋留線は本来、今回のテーマにかかわらない送電線なので、構わないのですがね。

というわけで、ゴールデンウィーク唯一となった鉄塔旅はこれで終了です。
次回は、由木線と、それに関連する送電線を巡ります。
秋留線は当面たどる予定がありません。続きはいつになることやら・・・。
ひとまず、5kmほど離れた八王子駅まで、最後のサイクリングをしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR