3月19日 大船-片瀬 三浦半島鉄塔締めくくり&鎌倉片瀬鉄塔旅 その1

この日はまずまずの天気
プラ太郎は大船駅に降り立ちました。
今回の目的
まずは、三浦半島に通ずる送電線としては最後の未踏破路線となった
大船-田浦線(JR田浦線)と北鎌倉線を制覇して、三浦半島の送電線踏破に区切りをつけること。
サブテーマとして、岩瀬開閉所から片瀬変電所へ延びる送電線を踏破し、
神奈川県央地域の送電線制覇も狙うことです。

まずは大船ー田浦線から

大船-田浦線1号
東海道線を超える陸橋から、大船-田浦線1号をパチリ。
かさ上げされてしかも工場内にありるため近づけないこの鉄塔は
ある意味での鬼門です。

そのまま陸橋を降りて回り込みます。
番号札を拝めたのは3号鉄塔から

大船-田浦線3号
やはり嵩上げ鉄塔。
市街地なので当然の処遇ですね。
近くには旧JR大船工場への引き込み線(廃線)
や湘南モノレールの線路があり、鉄分豊富です。

いや・・・湘南モノレールの線路があるなら、

湘南モノレール5000形5603編成
撮らない手はないでしょう(笑)
湘南モノレールはこの先何回か見ましたが、
ファーストショットは新型の5000形です。

大船-田浦線5号
その先へ進むと、大船-田浦線は、JR横須賀線(鉄道)跨ぎと
鎌倉線(送電線)潜りを同時に行います。
2ルートの送電線と鉄道がほぼ同じ場所で交差するなんて鉄分豊富すぎです(笑)
そして、上を交差している鎌倉線・・・。
後にたどりましたから、同じ陸橋をまた通ることになるのです(笑)
そして大船-田浦線の高い鉄塔がなぜか昭和30年と明記されているのは一体??

大船-田浦線9号
そこからしばらくは市街地を通過していた大船-田浦線ですが、
ここから突然山の中に入っていきます。
ここ最近の自動車教習のせいで、
急な坂を見かけると「エンジンブレーキ」を思い浮かべます(笑)

この先、大船-田浦線はさらに山の中に入っていきます。
しかし、緑地を超えるといったん住宅街に入っていきました。

そこには未だに営業している小学校と、
まさかの枝番鉄塔がありました。

大船-田浦線14号
そして、ここ一帯の鉄塔に「昭和42年建替」と記載されているのです。
宅地化もだいぶ前から行われていたということですね。
この先、散在池森林公園を通過し、

大船-田浦線19号
住宅街を超えて再び山の中に入っていきます。
ここからが一番険しい山になるので、ふもとの公園に自転車を止めます。

天園ハイキングコース入口
天園ハイキングコースです。
すでに撮影済みの大船-田浦線と北鎌倉線の老番側の鉄塔はもう近いので途中まで行きます。

リス目撃!
ハイキングコースにはリスも出現。
三浦半島のハイキングでは高確率で見かけたのですが、
在来種のリスなのでしょうか。
タイワンリスのような・・・。

この後、大船-田浦線21号を発見し、その先へハイキングコースを進むも老番側の
鉄塔が見えず、ひとまず引き返して、一端北鎌倉線19号の元へ行ってみました。

北鎌倉線19号&若宮線
ついでに若宮線1号の建設年(昭和44年12月)と
高さ(15m)を確認。
まずは大船-田浦線の鉄塔がある方向に進むハイキングコースへ入りました。

大船-田浦線22号
しかし、ハイキングコースを進んでも巡視路はなく、
かなり上ったところで振り返ると、はるか後ろのほうに鉄塔が見えました。
このコースは違う・・・。
またまた引き返し、今度は、先ほど確認した北鎌倉線の巡視路に入ってみました。
すると、ここが正解で、北鎌倉線18号の下から、
大船-田浦線22号の根本にたどり着けました。
そして、次の鉄塔がすぐに見え、
その下に見えたハイキングコースから、次なる鉄塔がどのくらいかかるかを見てみたら、
・・・割とすぐに??

そうです。先ほど21号は制覇。そして22号の1つ手前の鉄塔だったら21号
つまり、21号から老番側へ続く巡視路を見事に見逃していたわけです・・・。
何のために大迂回したのやら・・・。

北鎌倉線16号プレート
そして、その先には、最初に山を登った時に見かけた北鎌倉線16号も見えてきました。
北鎌倉線17号への巡視路が険しそうだったので接近を見送っていたのですが、
途中までこの番号を15号と勘違いしていたため、欠番どうしようなどと思っていました。

しかし、もっと重大だったのは、この16号鉄塔の本体写真を撮り忘れていたこと!

ああ、また遠のいた北鎌倉線コンプリート・・・。
一昨年の猪苗代旧幹線188号撮り忘れ事件が思い出されます・・・。
あの教訓は何処へやら・・・。

ひとまず、このときは撮り忘れに気づいていなかったので、
全部撮ったつもりで話を進めます。

北鎌倉線16号から元の公園まではものの数分程度でたどり着けるのです。
途中の大船-田浦線にはJRの送電線としては珍しく欠番があったのですが、
住宅街に囲まれた19号の若番側の鉄塔との距離が妙に長かったので、
散在池森林公園に入って、番号を17号と確認し、これも一安心。
あとは岩瀬開閉所まで、北鎌倉線ラストスパートです。

北鎌倉線7号
開閉所が近づくと市街地。そして

北鎌倉線1号
コンプリートです。

祝!三浦半島の送電線制覇!

感慨深いです・・・。今までの旅が。
これで三浦半島の電力系統の地上部を網羅できたわけです。
ホームページなどで誰かの参考になるといいですね。

岩瀬開閉所は約4年ぶりの再訪問となりました。
変わっていなくて何よりです。

次は鎌倉線をたどります。
2010年3月20日に出会ったこの送電線の行く末、気になります。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR