1月13日 逗子-鎌倉 思ったより山中鉄塔旅 その2

逗子分岐線完走の次は、北鎌倉線と大船-田浦線の追跡に入ります。

大船-田浦線33号
まずは、前々回の鉄塔旅で、米軍池子住宅越しに見えた33号を根元からぱちり。
JRの鉄塔にしては珍しくきれいに塗装されていました。
昭和5年製の老兵もまだまだ出番は尽きないようです。

北鎌倉線29号
そして山中を進んでいきます。
この区間は北鎌倉線と大船-田浦線が至近距離を並行しているので、
1つの巡視路で進むことができます。

それにしても遠望写真が撮りずらいのなんの・・・。

大船-田浦線29号
一部巡視路の開けた場所もありました。
この日で一番良い鉄塔&富士山です。
意外と富士山も遠くから見えることを実感できます。

大船-田浦線28号

そして、送電線は谷を越え、巡視路ははるか谷底へ・・・。
この先で送電線が墓地を越える場所までいけそうです。
車の走る音も聞こえてきますし・・・。
しかし、巡視路は幅の広いデコボコの道に合流しました。
この道ってもしや・・・、

朝比奈切り通り
そうです。史跡の「朝比奈切り通し」に出たのです。
両脇の岩盤・崖が、いい感じで郷愁を誘っていました。
しばらく岩肌を眺めながら、数百メートル進むと出口。
そして「自転車乗り入れ禁止」の表示。あ・・・すいませんでした。
でも一応押して歩きましたし・・・。

そして、街中に出たなら、次は逗子変電所を目指します。
実は下からでは立ち入り禁止なようだったので、
北鎌倉線の巡視路から眺めます。

小学校そばの階段に自転車を止めて、徒歩で探索。
意外と見える場所まで歩きましたよ・・・。

逗子変電所
これで逗子変電所もクリア。
三浦半島の送電線完踏にまた前進です。

続いて、朝比奈トンネル付近へ向かい、辿りかだった中野町線の撮影です。

中野町線10号
一旦住宅街に入り、その先から山の中に入っていきました。
巡視路のコースとしては、
市営プールそばから東京南線3.4号線の鉄塔付近に階段で上り、
その先に続いている格好です。

中野町線7号
さらに巡視路を歩くと、墓地を迂回するように中野町線が進んでいく様子がうかがえました。
とにかく墓地沿いに進んでいきます。すると、送電線はカーブして、
いよいよ北鎌倉線が走る尾根方面に向かいました。

中野町線1号
巡視路を下っていくと、その先に中野町線の1号鉄塔が見えてきました。

しかし!この巡視路、進んでいくと、
結局は墓地の敷地に入ってしまうルートなのでした。
しょうがないので、近くにある巡視路の続きのルートの入り口まで、
自転車をかついで墓地の中を通らせていただくことに・・・。

北鎌倉線25号
こうして、墓地の近くの山の上から、墓地の中に立つ鉄塔、
そして中野町線1号のプレートを撮れたのでした。
そして、その先は、墓地を通らずに先へ進むことができました。
しかし、進む場所が小川も使ったようなハイキングコースかと疑いたくなるような
道でした。途中からも見える続きの鉄塔・・・。
そして、やっと広いハイキングコースに出て、その先の
開けた場所にでて見えたのは、
先ほどの中野町線と同じような鉄塔でした。

・・・というよりは、1度通った中野町線沿いの道でした!
なんと、ぐるっと1周してしまったのです。
逆を言えば墓地を通らなくても中野町線1号を拝むことは可能ということです。
途中で見えた鉄塔は、どうやら中野町線の鉄塔だったようで、
肝心の北鎌倉線はといえば、次に北鎌倉線が見えた部分から間に1基しかない状態でした。
うーん、大汗流してせせらぎを通った苦労は
無駄だったのか無駄じゃなかったのか・・・。
なんだか中途半端な疲労感を持ちつつも先へ進みます。
しかし、番号はまだ20番台、そして見えない住宅街、山ばかりが見え、
時間も16時を回っていた現状を見るあたり、今日中の
北鎌倉線・大船-田浦線の踏破は、もう不可能なのでした。

北鎌倉線19号
ひとまず、北鎌倉線が地中線を分岐し、
畑のそばに立っている場所があったので、
そこに降りました。
分岐していた地中線は「若宮線」
はるか東にそれてしまった大船-田浦線へのハイキングコースは
これまた自転車進入禁止。

ここまでです。

思った以上に山の中が多く、後1歩のところで
踏破はなりませんでした。
しかし、確実に踏破は近づいています。
北鎌倉線・大船-田浦線、すでに両線の起点と終点は拝んでいるのに、
ここまで辿りがいがある送電線には、ひさびさに出会ったように感じます。
目標は大学在籍中の内に完走。
それで学生時代の送電線撮影テーマに区切りを付けられそうです。

ひとまずは鎌倉情緒の広がる道を通って、
その出た道の先にあった鶴岡八幡宮を眺めつつ、鎌倉駅へと向かいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR