8月15日 帰省旅行鉄道旅最終日

15日は、青春18きっぷを使った旅の最終日です。
この日は東北本線車窓と両毛線列車の撮影に参りました。

白河か南下し、宇都宮から再度下り列車に乗って車窓撮影
と思いきや
東北本線車窓
何これぇ。窓がゴミだらけです。
画像を縮小すると多少は気にならなくなりますが、
これは来年の撮り直し確定です。
とりあえずこの状態の車窓は撮りました。

東北本線車窓
しばらくは市街地を走りますが、

東北本線車窓
鬼怒川を越えると起伏が出てきます。

東北本線車窓
宝積寺を過ぎてしばらく走ったら、広大な田園風景となります。

東北本線車窓
丘陵地も走ります。カシオペアとすれ違い。

東北本線車窓
しばらく丘陵を走ったのち、那須塩原が近づくと再び平地となります。

東北本線車窓
そして黒磯駅に到着です。やはり、在来線の車窓は変化に富んでいて飽きないです。

そして、乗ってきた列車で南下し、宇都宮~小山間の駅も撮りました。

雀宮駅
写真は雀宮駅ですが、どの駅も改修されており、
少なくとも開通当時の駅舎でないことは確かです。

続いて両毛線に乗り、列車撮影に臨みます。
降りたのは国定駅。

国定駅
う~ん。レトロな木造駅舎が残っていて素晴らしいです。
この駅から伊勢崎駅方面に自転車を走らせ、途中にあった陸橋の下で撮影です。
最初に来た115系はカメラのボタン不調で撮れなかったり、
撮影場所の線路わきでもがいていたカラスの雛?を軽く介抱(羽に絡まった枝取り)
したりしながらも、2本の列車を撮れました。

107系タカR10編成
107系と、

115系タカT1143編成
115系です。メインは115系ですが、
目的とは違う車両の番号を見ていたのでうろ覚えに・・・。

そのまま自転車を走らせ、伊勢崎駅に向かいました。

伊勢崎駅
東武伊勢崎線の終点駅。しかし北側は閑散としています。
この駅から両毛線に乗り、高崎まで行くも先ほどの115系の番号を確かめるべく、
これだ!といえる編成を探して再び小山まで乗り、そこからいつもの東北線&武蔵野線ルートで
帰路につき、無事に旅は終わりました。

長かった夏の旅、そしてブログアップもやっと終了です。
イベントは別にまだありますが、ひとまず夏の福島~関東を駆け巡った自分をねぎらって
記事の締めくくりとします。

お疲れ様でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様です

お疲れ様です。
阿賀東線や山線のコンプリート、発電所訪問や鉄道撮影とかなり充実した夏だったようですね。今後辿られるであろう阿賀西線記事も楽しみにしています。
両毛線への新車導入は公式発表されていませんが、107系も115系もそろそろ危ないのかなと感じますね。撮影も今のうちでしょう。
ちなみに自分はこの夏色々したかったものの8月中はほぼ暑さで参ってしまい、やり残した感が大きいので休み明けまで当分鉄塔散策など持ち越しそうです。

Re: お疲れ様です

コメントありがとうございます
阿賀西線は、YAHOO地図で見る限り、阿賀東線よりも山の中を通っており、阿賀野川の橋のない部分を横断していることもあって、踏破(全鉄塔撮影)できるかは未知数です・・・。しかし、いつかは挑戦する気でいます。猪苗代第二発電所はやはりしゃれた建屋が素敵でした。とても、あの原発と同じ東電が所有しているとは思えないような素晴らしさです。

両毛線もそろそろ新車が出てきそうな感じですね。幕張211系の転属先が意外にも長野だったので、高崎車とある意味国鉄色でもある豊田の115系は当分残存しそうですね。クモハの田町211系を持ってくれば、高崎の4両115系や長野の6両編成もすんなり置き換えられそうですが、211系0・2000番台は比較的暖地向けの車両なので、スムーズには行っていないようです。もう少しは、115系の勇士が見られそうです。

話は変わりますが、相鉄旧7000系は最近検査を通った車両が現れました。こちらもしばらく(JRとの直通開始直前まで?)その姿を拝めそうです。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR