8月10日 猪苗代周辺で出会った鉄塔

10日は鉄道撮影メインで行動しておりましたが、
長閑な風景にたたずむ鉄塔もいくつか撮影しましたので一部紹介します。

154kV磐梯線
東北電力の154kV磐梯線の鉄塔です。
前回の鉄道記事1番上の719系の後ろに写りこんでいる鉄塔がこれです。
積雪地帯を通るため、2段目の腕金が長めになっているのがこの辺りの鉄塔の特徴です。

磐梯線102号
磐梯線は、その後、中山宿駅付近でも出会いました。
列車がやってくる数分前でしたが、もしかしたら東京電力丸守発電所からの送電線かとも
思ったのですが、磐梯線の鉄塔でした。
100基以上も鉄塔を連ねて辿りつく先はいずこ・・・?

猪苗代線55号
さらに、扇島駅に移動して、列車の撮影ポイントを探しながら猪苗代駅に
戻る過程で、66kVの鉄塔も撮りました。
その名は「猪苗代線」。
東北電力にも猪苗代のなを冠す送電線がありました。
しかし、磐梯線もでしたが、この猪苗代線の番号は55号。
スタートまで辿ると長旅となりそうです。

猪苗代線59号
翁島駅から猪苗代駅に向かって猪苗代線をたどると番号が増えていきます。
おや?後ろに見えるちょっと気取った鉄塔は・・・。

長瀬川線64号
東京電力の長瀬川線です。小野川湖の発電所から続いている送電線です。
鉄塔の塔体の腕金部分にも傾斜を設けた構造を日本で初めて採用したのだとか。
結構面白い鉄塔ですが、周りに東北電力の鉄塔が林立している様子を見ると、
なんだか浮いて見えます。

猪苗代線
猪苗代線は、広い田園地帯を行進していきました。
こんなに遠くまで拝める田んぼは神奈川じゃあまりないですからねー。

猪苗代線69号対空プレート
そして、東北電力はヘリコプターを巡視に、よく使うのか、
鉄塔に掲げられた番号プレートはとてもわかりやすいです。
おまけに60や70など、10切の鉄塔のプレートは色を変えていました。

猪苗代線70号
そして田園地帯は続きます。こういったすてきな風景が
未来永劫残っていくことを願わずにはいられません。

猪苗代線76号
猪苗代線撮影は76号まで、
続きはまたいつか。
ここで磐越西線に乗って会津を目指しました。
この後、別の日にも鉄塔撮影を行いましたが、
それは後日紹介します。

まずは会津でのひと時が始まります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR