7月7日 横浜-逗子鉄道路線ツアー その1

七夕の7日

このごろ多忙などでなかなか趣味に打ち込めなかった日々が続いていましたが、
この日は久しぶりに鉄道ツアーを開催しました。
今回は、JR根岸線・シーサイドライン・京急逗子線の3路線の駅舎・車窓撮影を
中心とした内容にしました。

まずはJR根岸線から。
この路線は大周り乗車でも乗れるので、今回は駅舎のみの撮影とします。
プラ太郎初の路線特集ツアーです。

関内駅
手始めは関内駅。桜木町駅は以前撮影済みだったので、この駅から撮影です。
ここからまずは自転車で新杉田駅まで向かいます。

石川町駅
次の駅は石川町駅です。今回改めて撮影。
関内駅同様ビル街の中にある駅ですが、南側は低層の建物が広がる
ちょっとしたレトロな地域です。

石川町駅
石川町駅の下は道路が走ります。
と、言うよりも、支柱がかなり細く見えます。
こんなで来たる大地震に耐えられるのでしょうか?
ちょっと心配になります。
さて、石川町駅から先は丘陵地帯を走るため、線路に沿っての路線追跡が困難になります。
道路地図の出番です。

その途中で、
ツタの垂れ下がったトンネル
なにこれ・・・。現役のトンネルらしかぬツタの垂れ下がり具合が見事です。

この幹線道路から長い横道に入って進むと山手駅です。

山手駅
駅舎は新旧が存在し、すでに新駅舎の使用が開始されていました。
旧駅舎はレトロ感満載でした。
これでも桜木町駅より、はるかに歴史が浅いのに・・・。

根岸駅
山手駅から丘を上り、海側を走る幹線道路に出て、その道路を進んでいくと根岸駅です。
根岸線の路線名となっている駅ですが、あまり大規模というわけではないようです。
入り口の屋根が波状でしゃれています。入り口にはどこかに出かけるスポーツチームの子供たち。
・・・思えばこのときはまだ7時半も回っていない時間でした。

磯子駅
さらに幹線道路を進んでいくと磯子駅です。
なんだか国鉄臭が漂う駅舎です。
根岸線の桜木町駅以南は昭和40年代ごろの開通ですから、
こんな駅舎でも「開業当初からの駅舎」となるわけです。

新杉田駅
そしていよいよ新杉田駅に到着です。
距離の割に山手駅前後の丘陵が険しく、結構疲れが出ました。
しかし、まずはここまで駅舎コンプリートです。
ここからはシーサイドラインに乗車します。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR