飯山線3号鉄塔ちょっと観察

少々前のことです。学校行事の振り替え休日だったこの日は、
ちょっと快適に勉強しようと厚木市ぼうさいの丘公園に来ていました。
そして午後6時近くを周り、帰るときに目にとまった鉄塔を観察してみました。

飯山線3号
飯山線3号鉄塔は広場の隅に立っていますが、
この公園には幼いころから何度も訪れているので、
見ると懐かしさも感じます。
しかし、この鉄塔は下への引き下げ線取り付けが可能な構造なのに、
ここ数年、その線が取り付けられていません。
これが謎です。
(下のビニールシートが被せられた物体は
 ふわふわドームというビニール製のふわふわ遊具です)

プレート
改めて、この鉄塔のプレートを見てみると平成10年という記載でした。
ということは、この鉄塔、建設当初からずーっと引き下げ線がないということですね。
飯山線は昭和44年建設なので、この鉄塔は建て替え型であることが分かります。
ちなみに、この鉄塔は柵つきです。

腕金取り付け台座
鉄塔の下の方には引き下げ線のための腕金を取り付けるための突起が用意されていました。

台座拡大
さらに拡大。腕金の取り付け台座には腕金が取り付けられたような擦れあと等は
ありません。すなわち、いまだに引き下げ「準備工事」状態というわけです。

今後、この鉄塔に引き下げ線が取り付けられるかはわかりませんが、
ひとつ謎が解明してすっきりです。
しかし、どうしても解けないのは

どこに向かって地中線を作るのか、ということです
鉄塔は奥が深いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR