5月3日 車庫橋付きミニプラレール

憲法記念日の3日。
今年は予算の都合でプラレール博行を見合わせたので、
その代りに自宅でプラレールを展開しました。
今回はレイアウトを小さめに、いろいろな車両を走らせる為の
「観賞重視のレイアウト」としました。

レイアウト全景
まずはレイアウト全景。
写真1枚に収まるミニサイズのレイアウトです。

外周
外周を走る2本の周回線は一部を距離を置いた設計としました。
これにより、左右で違った感じの並走シーンを楽しめます。

周回スペース
真ん中には自動ターンアウトレールを使った簡単な周回スペース。
今回のレイアウトは「世の中のお父さんが手軽に作ってあげられるレイアウト」
という意識で作ってみました。

車庫と橋
このレイアウト最大の情景は、5本線の車庫を鉄橋で跨ぎます。
今回やりたかったパターンです。

さて、そんな「観賞重視」のレイアウトを作ったのですから、
今回はいろいろ車両を走らせてみます。

C62重連
まずはC62形蒸気機関車の迫力ある重連です。
C62の1号機と17号機という組み合わせは結構スペシャルな感じがします。
客車もブルートレインを使用し、SL黄金時代を再現してみました。

E501系常磐線
その隣を走るのはE501系常磐線。
C62の1号機と同じサウンドプラレールなので、
一緒に走らせてみました。
サウンドプラレールが2編成一緒に走ると
楽しさとやかましさが倍増です(笑)

トビーと緑の客車
機関車トーマスの仲間トビーも、
客車のヘンリエッタと貨車を従えて走らせてみました。
で、手前の緑の客車は欧州風なのでプラレールで
この車両に合う機関車が見当たりません。
で、どうしたかといいますと

C62+緑の客車
C62につなげてみました(笑)
これはこれで貫録ある列車ができました。

C62&E501系
そしてE501系とC62の並びを撮影し、

C62+カシオペア
今度はカシオペアをつなげてしまいました(笑)

C62+旧形客車
でも、やっぱりSLに合うのは旧形客車ですね!

C62+レトロな貨車
最後に、D51を所有していないことを理由に
C62で往年の貨物列車を再現しました。

今回はレイアウトは小規模でしたが、
いろいろな車両を存分に走らせて楽しい時間を過ごすことができました。
プラレールの「車両を楽しむ」というスタイルに改めて気づかせてくれたレイアウトでした。


本日の動画
プラ太郎プラレール2013-5-3
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR