3月15日 汐入-逗子 オメガ鉄塔旅 その2

横須賀変電所を見て回った後は、
大矢部線の残りの区間をたどります。

大矢部線44号
大矢部線44号へ続く巡視路はあったのですが、道路との間に深い水路が流れていたので、
今回は遠目から撮ってみます。

大矢部線41号
カメラの電池の残量を気にしながら進むと、
大矢部線は横須賀線を潜った後、山に入っていきます。

その後は巡視路をひたすら歩いて、
木古庭付近の37号のもとに行きました。

大矢部線37号
で、今度はどうするのか。

横須賀線をたどって横須賀変電所方面に
戻ります。
これが、今回のブログタイトルにオメガと付けた理由です。
Uターンの結果、ルートはオメガを描くようなコースとなっています。

横須賀線47号
横須賀線は、ハイキングコースの入り口からアプローチします。

辿っていくとハイキングコースは一旦は横須賀線から離れていったのですが、
最終的には鉄塔に近づいたので安心。

横須賀線49号
時刻は、お昼時です。この先横須賀線は田浦線の下段に入ります。

田浦線3号
ここからが未知の領域です。
横須賀線も田浦線もまだゴールがどこなのかは分からないのですから。

4号を過ぎ、5号鉄塔へ進むと、工事の真っただ中でした。

田浦線5号
鉄塔の一部補修を行っているようでした。
作業員の方々が何人も鉄塔に登っていましたが、気になるのは鉄塔の両脇にワイヤーが
垂れ下がっていたこと。両脇なので全回線の脇を通過。すなわち全回線停止?
そんなことを思って丘を降りたら・・・

田浦線6号
なんと!6号鉄塔はすっぽりカバーの中です。
これは全回線止めての塗装です。
わざわざ全部の回線の電気を止めるということは、
迂回コースは確保できてるということですね。

田浦線&京急800形
せっかくなので、京急電車とのコラボを・・・。

送電線は谷を越え、山の中に入っていきました。

山の上の7号鉄塔周辺は梅林。

田浦線7号
これは梅の咲く季節に来たかったですねえ。
花が咲けば、きれいな景色が楽しめそうです。

田浦線9号
一旦は住宅街に降りた田浦線は再び山の中へ

田浦線10号
山の上には興味をそそる分岐鉄塔。この鉄塔へ行く道は入れなくはないのですが、
水道設備向けの立ち入り禁止看板が道に対して掲げられているように見えて
最初は行くのをためらってしまいましたが、
そばにいた方が通っても大丈夫と教えてくださいました。

ついでに、この山道は複雑で地元の人じゃないと迷うとも仰っていましたが、
プラ太郎は鉄塔をたどるため、迷わない自信があったので、しばらく談笑の末、
入ってみることにしました。
教えてくださった方は、ちょっと心配そうに僕を見送ってくれました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR