12月23日 探検!三崎線 木古庭-三崎 その3

三崎口駅を過ぎて、旅もいよいよ大詰めです。

三崎線91号
90号を過ぎた三崎線は一旦住宅街に入っていきます。
56号からここまで全部建て替え鉄塔でした。
地図だと、国道134号線を離れた場所を通って終点に至るルートなので
この先に巡視路の入り口がある・・・。
そう思って先の鉄塔を見てみます。

三崎線95号
はるか遠くに見える鉄塔への巡視路は見当たりません!
残念ながらこの鉄塔への接近はかなわないようです。この先に欠番があったらどうするの・・・。
番号確認できない・・・。
この鉄塔が95号であることは後でわかったのですが、

この先の鉄塔の番号を見て欠番があることが判明しました。
やはり・・・
番号完全確認を目指すプラ太郎にとって、欠番があってなおかつ近づけない鉄塔は
ある意味、山岳地帯の鉄塔より曲者です。

97号からさらに進むと小網代の森へ続く散策道がありました。
この道を進めば鉄塔のもとへ行ける!
・・・と思いましたが
環境整備中につき、やむを得ない場合を除き通行の自粛をお願いします。
・・・プラ太郎の鉄塔撮影はあくまで趣味なので、趣味で危険を冒すわけにはいかないので、
通行は自粛です・・・。

三崎線99号

谷の向こうに見える鉄塔をズームして撮影です。
そしてプラ太郎は再び国道に戻り、谷の向こうまで歩きました。

ねこちゃん
ネコちゃん発見!

三崎線101号
行った先に見えた鉄塔は101号でした。
ここまでいくつか欠番があったので100基目ではないですが番号は3ケタ行きました。
97号から欠番なし?とも思ったのですが、谷の向こうに見えた3基のうち、
一番遠くに見えた鉄塔がこの101号と思われたので、
ここでも1基欠番が発生していると見ました。
近づけないなら仕方がないのですが、
欠番を自分の勘で判断せざるを得ないのはなんだかすっきりしませんね。

三崎線102号
そして終点も目前です。畑と住宅街を進んで三崎線は幹線道路のそばへ、
そこには変電所があります!

三崎線103号
下の公園から見えたこの103号こそ最終鉄塔!
と思いましたが鉄構にも番号が104と振られていました。
道路へはまっすぐ出られないので、また迂回して進みました。
そしてとうとう最終鉄塔です。

三崎線104号
この鉄構は建設当初のものかもしれませんね・・・。

三崎変電所
終点のプレートを見てみたら、三崎変電所の文字。
やはり、三崎線は三崎へと繋がっていたのでした。
3ケタまで番号を増やして連なってきた三崎線の終点にとうとう到着です。
長距離を続いてきた送電線の割には終点はこじんまりとしていましたが、
なんだか達成感を感じました。

黄昏の三崎変電所
結果、56号から終点まで、三崎線は全てが建て替え鉄塔ということでした。
景色はよかったのですが、建設当初の鉄塔の連なりを期待していたのでちょっと残念でした。
それでも、畑地帯を海を望みながら進む三崎線はなかなか趣があり、
山の多い三浦半島というイメージとはまた違った風景を展開していたので
プラ太郎としては大満足の旅となりました。

三崎線と夕日
帰りの夕日は、とても美しく、道行くサイクリングの方もカメラで撮影していました。

情緒ある風景と、帰りの夕日に満足し、工事用フェンスの隙間から95号の番号も確認でき、
プラ太郎はルンルン気分で帰路についたのでした。


~おまけ~
おさかなサブレ
三崎口駅にお土産コーナーがあったので、おさかなサブレーなるお菓子を
家族へのお土産として買いました。
そして三崎口駅の接近メロディ「岬めぐり」もしっかり録音しました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様でした

塩害のせいなのか、元々の鉄塔が古かったのか、建て替えによる欠番が多かったのですね。

三浦海岸や三崎口は、小さい頃に毎年海水浴に行っていましたが、最近は全く行っていません。当時、バス車内から丘陵地の風力発電風車と4導体(?)の路線を見たのを記憶しています。

Re: お疲れ様でした

コメントありがとうございます
たしかに城ケ島の対岸に風力発電の風車があります。4導体の送電線は東京南線3.4号線だと思われます。三崎線は昭和35年建設なのですが、阿部蔵温泉付近の山の中は当初鉄塔ばかりだったので、建て替えられた沿岸は塩害による老朽化が進んでいたのかもしれません。東京南線も潮風に当たっていると思われますが、こちらは大きな重要送電線で、同じく山の中に立っているので、コスト等の理由で建て替えられてないのかもしれません。66kVと275kVでは重要性も運ぶ電力の量も全然違いますからね・・・。送電容量が電圧に比例して増えると仮定して考えた場合、横須賀火力発電所フル稼働状態で作られた電気は約3分の2が東京南線に流れるといえます。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR