10月21日 小田急ファミリー鉄道展2012

21日は年に1度の小田急ファミリー鉄道展でした。
晴れ空の下、今回も友達君と一緒に見学です。
例のごとく列に並んで駐車場を進みました(車は退去しています)。

そして会場に入りました。
車庫の隣がベビーカー置き場
友達君「どしたの?」
プラ太郎「例年だったらここは保線車両が展示される場所なのにベビーカー置き場になってる・・・」
今年は展示場所が違うようです。

走りまわるNゲージ
先に進むとNゲージの運転会も開催されていました。
小田急でない車両が走りまわりますが、実車同様の編成になっているので
見ごたえがあります。
クラブのメンバーの方の鉄道こぼれ話もありました。
・・・え、MSE60000形ロマンスカーのMはどこでも走れる
という意味の「マルチ」ですって・・・!?
プラ太郎は鉄ちゃんなのに「メトロ」だと思っていました・・・。

展示位置が違うマルタイ
そして車両展示コーナー。
今年はメインとなる列車の近くに保線車両が展示されていました。

レールの刻印
さて!車両基地を見学できるなら普段見られない場所をじっくり見るのです。
友達君「何見てるの?」
プラ太郎「ふむふむ1963年製か・・・」

車止め
友達君「何見てるの?」
プラ太郎「おいでよどうぶつの森の仕立て屋でこれ作ろうかな・・・」

30000形30053編成
ロマンスカーは30000形EXEの30053編成が展示されています。
4両編成のみというのは少々さみしいです。人気はあるようですが。

隣は3000形「F-TRAIN-Ⅱ」です。
塗装も注目ですが、せっかく車両が目の前にあるので
今回も床下機器を眺めてみます。

3000形の床下インバータ
まずはインバータです。ここでモーターを回すのに必要な交流電力を作りだします。

3000形の主電動機
そしてモーターを回すのです。
普段見られない床下を見られるのも車両展示ならではです。

F-TRAIN-Ⅱ新宿方先頭車
もちろん先頭車は人気だったのでプラ太郎もパチリ。
こちらはドラえもん以外のキャラクターも勢ぞろいです。
そして反対側を周ってみます。
・・・ん?

8000形8061編成
おおおおお。8000形リニューアル未施工の編成が横に堂々と止められていました。
F-TRAIN-Ⅱよりこっちを展示してほしかった(笑)・・・。

F-TRAIN-Ⅱ小田原方先頭車
反対側の先頭車へ行くと、こちらはドラえもんの顔だけが描かれています。
不二子先生の漫画と言ったらプラ太郎はドラえもんを思い浮かべます。

バラスト運搬車
保線車両はいろいろありましたが
バラスト運搬車は荷台が跳ね上げられた状態で展示されていました。
・・・なんだか脱線しているようにも見えます(笑)

マルタイ&3000形
こうして、車両の細部までとことん堪能し、
2人で車両展示会場を離れました。

第2会場のNゲージ
第2会場のNゲージは編成が短め。
こちらはお客さんが自分でNゲージを操作できます。
小さいな子が運転していた特急の後尾車が脱線し、
スタッフの方が気づいて救い出しましたが、
気がつかなかったら、その子が残りの車両を走らせたままだったので激突してしまうところでした。
はらはらどきどきでした。

お昼の休憩をとり、2人はファミリー鉄道展を後にしました。
午後は相鉄沿線を歩いたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR