6月18日 南横浜火力線の旅 その3

南横浜火力線33号から寄り道して、吉田線をたどってみます。
戸塚変電所からスタートした吉田線はここから独自のルートで進みます。

吉田線21号
少し住宅街を進みましたが、ほどなくして緑の多い場所へ入っていきました。
丘陵地帯を通っているだけに森が多いです。

吉田線23号
そして吉田線は、とうとう険しそうな森の中へ入っていきました。
巡視路らしき道はありますが、今回は自転車なので迂回することにしました。
余談ですが、この鉄塔は明治学院大学のすぐ横に立っています。
明治学院大学はかなり有名な大学ですが、そこに通っている人たちはプラ太郎と
同じくらいの世代のはずです。なんだか感慨深いです。そんなことより、
プラ太郎の学校は休みでも、他の学校は普通に営業しています。
プラ太郎が通った時は丁度学生さんを乗せたバスが到着したところです。
なるべく怪しまれる行動は避けないと・・・

なにはともあれ、迂回したらその先は住宅街でした。
森の中の鉄塔も、遠いですが撮ることができました。

終点付近?
そしてしばらく走ったら、おや?変形した鉄塔が見えてきました。
変電所ではお馴染の引き下ろし鉄塔です。ということは変電所がありますね。
送電線・鉄塔ウォークのさんらぁたんさんの情報だと、ここは舞岡変電所だと思われます。

舞岡変電所
やっぱり、舞岡変電所でした。配電変電所にしては大きい建屋ですね。
この先は「吉田連絡線」のはずですが、吉田線の最終鉄塔と思われる29号は
先へのジャンパー線が切れていません。ということは、吉田線はまだ続く・・・?

吉田連絡線1号
と、思いましたが、次の鉄塔はヘリ用番号札が1。
線名は変わっているはずです。

吉田連絡線2号
線名が吉田連絡線とわかったのは次の鉄塔。しかも驚いたのが、
ここでジャンパー線が切れているということです。つまり、1号鉄塔は、
連絡線と名乗っておきながら、充電された系統に接続されている
(つまり、電線に触れると感電する)
ということです。珍しい「連絡線」です。
さて、この吉田連絡線がどこまで続いているのかと思って次の鉄塔へ
上永谷線12号
行ってみたらまた線名が変わり「上永谷線」。12号です。この上永谷線は、
さんらぁたんさんによれば本牧線から分岐して一度地下にもぐっているそうです。
ということはこの先に上永谷変電所がある、そう思って行ってみました。が
番号は1つ減って11号。あれれ・・・ということはこの先でまた地下にもぐっている
ということでしょうか?

上永谷線9号
案の定、丘を降りた先で上永谷線は地下に潜っていました。
作業員向けの地中区間の説明看板がありましたがそれをみても良くわかりません。
しかし、地下区間の行き先プレートには上永谷線No.8と書かれていたので、
8号鉄塔からまた地上になっていることが分かります。
先ほどの12号に戻ってみると、12号で降りた電線の行き先は上永谷変電所。
ということは上永谷線は、
本牧線→地上→地中→地上→地中→上永谷変電所
・・・という上下の出入りの激しい形態を採っているということです。
なんとも忙しい送電線です。
ちなみに、上永谷変電所を探しに付近を走ってみましたが見つかりません。
舞岡変電所が近くにあるので、近傍に上永谷変電所はないようです。

とにかく、上永谷線の全貌もわかったので、南横浜火力線に戻ります。
だいたい1時間弱の寄り道でした。

南横浜火力線32号ほか
南横浜火力線は相変わらず、丘陵地帯を通過しています。
しかし、遠くに東京南線も見えていました。交差鉄塔は近いです。

しかし、ここでハプニング発生。
部品の向きが正しくなかったために痛んでいた自転車のブレーキワイヤーが
・・・切れました! ぷっつりと・・・。

南横浜火力線29号
前のブレーキが利かなくなり、安全のためのろのろと29号横を通過、
このまま乗り続けたら危ない上に違反です!
(乗ってる時点で違反でしょ)
幸いだったのはJR港南台駅が比較的近くにありました。
市街地に行けば自転車屋もあるだろうと・・・。

南横浜火力線26号
というわけで、26号を撮ったら、急きょ自転車屋さんを探しに行きました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 上永谷変電所は横浜市交通局の変電所で
 横浜市営地下鉄の上永谷駅近くにあるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B0%B8%E8%B0%B7%E9%A7%85
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR