5月20日 富士~由比の富士川線続き旅

一晩貨物撮影からそのまま送電線撮影に出かけました。
前回、富士川の手前まで撮影した富士川線の続きです。

富士川
富士川を渡って中部電力管内に入ります。
とうとうここまで来ました。

富士川線50号
そこから川沿いに上流へ歩いていくと、
富士川線が見えてきました。
ちょうど第2東名と一緒に富士川を横断している部分です。

富士川線は山の上に突っ込んでおりましたが、
歩いてきた道を進んでいくと、位置的に北側からぐるりと回りこむ感じで、
続きの区間が見えました。

富士川線47号
送電線は尾根伝いです。
しかし、近くまで行けた散策路が途中で完全通行止めとなっており、
接近叶わず。
北側からの俯瞰でしばらく進みます。

富士川線45号
しばらく進みますと、富士川線はぐるりと回って、
第2東名から離れて北西へ進んでいきました。
道は人里で歩きやすかったです。

富士川線40号
近くに道あるのでしょうか・・・。

とりあえず、高速の下を通る道を歩いていきました。
すると、途中にあった地図で、いったん鉄塔に近づくようにも
なっていた感じです。
一安心です。
歩いていくにつれて標高も上がっていきます。

謎の光
途中で、遠くに見えた、この光は何でしょう・・・。
UFOではないと思いますが気になりますね。

この後、ちょっと荒れた巡視路を見つけて、
40号には近づけましたが、道が連続で次の鉄塔に
続いているか怪しかったので引き返し、
今度は別の分岐点から入ったら、途中で通行止めという表示に
戸惑いながらも、徒歩ならOKと地元の方が教えていただいて無事通過。

富士川線38号
気が付けば38号までやってきました。
しかし、この先の鉄塔にすぐに近づける道が見当たりません。
どういっても駄目だったので、近くの林道&戻ってくる道路を数キロも
歩いて迂回しました・・・。

富士川線33号
そこから先は、巡視路と林道がほぼ連続で続いており、
撮影は比較的スムーズに進みました。
しかし、前日の一晩貨物撮影で徹夜で起きていた後はちょっと響きますね・・・。

富士川線31号
ところどころ林道が分岐しているところもありますが、
比較的順調です。
それでも残り30を切らないのに時刻は4時近くとなり、
この日中の踏破が難しくなってきました。

富士川線28号
林道をさらに進みますと、中部電力の送電線と交差しました。
しかし、この山岳地帯を抜けて、清水方面に出ないと中部電力管内という感じは
あまりしなさそうです。

富士川線27号
そして、林道から離れていくところで27号がありました。
この鉄塔にも近づくことができましたが、地図を見ても、次の鉄塔に続く
道がないのです。
・・・これが決定打となってしまいました。
まだ明るかったのですが、この日の撮影はこれで終了となりました。

朝から撮れば50基イケるかと思っていましたが、
富士川線は意外と険しい場所を通過していることが分かりました。

しかし残り26基!
できれば次回こそ踏破して、中部電力の鉄塔につなげたいですね。
名残惜しいですが、そのまま由比駅まで歩きました。
スポンサーサイト
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR