2月11日 スハフ14カプラー戻し

先日購入したTOMIXのスハフ14ですが、
黒色車輪の方がTNカプラーとなっていたので、
在庫のアーノルドカプラーで恒例の「カプラー戻し」を施工しました。

せっかくなので写真も載せてみます。

元の状態
もとはこんな状態です。
密自連形TNカプラーで、連結面は実感的になる代わりに、
重量の大きい編成を引くと坂で
自動開放するという罠付きだったりするそうです(笑)
で、これのカプラーを抑えているカバーを外します。

カバー取り外し
ドライバーで強引に外しました・・・。
するとクッション用の「カプラースプリング」が見えて、
それがカプラーを抑えている様子が分かります。
模型ファンの方なら見慣れた光景です。

カプラー交換
アーノルドカプラーにするとこんな感じです。
こちらのスハフ14は床下の地色が黒だったので、アーノルドカプラーと
一致しています(もう1両は濃いグレー)
撮り忘れましたが、これでカバーを再び取り付ければ元通りです。
不器用でスプリングが何度か飛びましたけど・・・。

これにて、このスハフ14も既存の車両と連結することができます。
そろそろ戻し用のアーノルドカプラーを追加購入したいところですが、
安価だったKATO製が店頭に見当たらず、悩ましいところです。
スポンサーサイト
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR