9月4日 蘇りし厚木線

高崎鉄塔鉄道撮影、翌日のことです。
所用で国道246号を通りましたが、
その時、近くにあった厚木線の鉄塔が、ふと目に入りました。

そして驚きました。
何とぴっかぴかだったからです。

厚木線1号
再塗装されておりました。
今まで赤地のさび止めむき出しの状態で、昭和50年代の塗装表記
(ついでに湘南北線だったらしい当時の番号(50番台))が
露出した荒れ放題の状態で、いつ建て替えられるか気になっておりましたが、
最高の状態となっていました。
根元は畑と化して立ち入れませんでしたが、表記によれば昨年の10月頃に塗装したみたいです。

厚木線1号
近づいてみましたが、鋼材も反射して輝いています。
建設から55年を経過したレトロ鉄塔がまさかの蘇りです。
余り腕金も撤去されることなく、そのままの姿であることもうれしいです。
ちなみに2号と3号も同じように塗装されて輝いていました。

というわけで、もうしばらくは厚木線古鉄塔の雄姿が見られそうです。
ただし、建て替え直前に塗装された例もあるそうなので、
厚木線は今が旬ですね。
スポンサーサイト
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR