10月19日 小田急ファミリー鉄道展2014

19日は晴れました。
小田急の年に1度のイベント、
「ファミリー鉄道展」が、今年も開催されましたので、
プラ太郎も見に行って参りました。

入り口
入り口に到着すると、普通に中へ・・・
と思いきや、入り口通路は直接、車両展示コーナーまで
つながっていました。
思いっきり車両を眺めた後は、お買いもの、という需要を狙っているようです。
何だか気軽に入れる感が個人的に減少したような気がしてなりません。

車両展示スペース
しかし、展示スペースをみて関心。
結構広いのです。保守用車両もメインの車両の近くに配置されており、
こちらは逆に、手軽に車両に触れ合える感じがしました。

保線道具
保守用器具なんかもあったり・・・。

MSEの台車
車両の床下を間近で見られるのもイベントならでは。
さすがに、「車両の下に入らないで」と、繰り返し注意喚起がなされていましたが。

60000形60252編成
この日の主役1 MSE6連です。60252編成です。
とんがり顔と、連結対応のつぶれ顔(自分でつけたあだ名)
の両方を見て楽しむことができます。
ただし、MSEは車内に入れなかったのです・・・。

4000形4053編成
主役2 4000形4053編成と、メトロ16000系16106編成です。
ともに地下鉄区間を走っているからか、呼ばれたのでしょうが、
このイベントでメトロ車を展示していたのは珍しいです。

メトロ16000系車内
4000形と16000系は車内に入れました。
電気を落とした室内は、独特の雰囲気が漂っていました。

1000形1060編成
さらに、展示スペースのそばには、これまた存在感のある、
ベルニナ塗装の1000形がいました。
これも展示してほしい・・・。

ダンプトロリー
これもありました。脱線しているように見えるバラスト運搬車両です。
名前はバラストトロリーって初めて知りました。

転轍機
最後に、転轍機を眺めたら、展示コーナーを後にしました。

やはりこういったイベントは、車両を間近に見ることができて、
いい体験になります。
知らない人に計3回(宗教の人?)話しかけられて何とかまきつつも、
この日は良い1日となりました。
スポンサーサイト
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR